1. HOME >
  2. 入試案内 >
  3. 一般入学試験 >
  4. 受験上特別に配慮を要する方へ

入試案内

入試案内
MENU

一般入学試験 受験上特別に配慮を要する方へ

病気・負傷や障害等のある場合の受験について

病気・負傷や障害等のために、受験時や入学後の学修に際して配慮を希望する方は、下記の日程までに入学センターに申し出てください。なお、申し出の内容によってはヒアリングを実施するために本学にお越しいただく場合があります。申し出の内容に関わる情報については、入学センターおよび当該学部事務室等の関連部署間で共有します。

2月実施入試

2016年12月8日(木)まで

3月実施入試

2017年1月31日(火)まで

  • ※上記の日程を過ぎた場合や申し出の内容によっては、試験会場や受入体制の準備が間に合わずご希望に沿った配慮ができない場合や、本学が対応できる入学後のサポート内容を事前に確認できない場合があります。

(注)点字での受験を希望する場合は2月実施入試・3月実施入試ともに2016年12月8日(木)までに申し出てください。

(1)本学独自試験方式に出願する場合

「受験上の配慮申請書」を送付しますので、必要事項を記入のうえ、診断書等の必要書類を添えて速やかに申請書を提出してください。申請にもとづき、審査のうえ適切な措置を検討します。

  1. 点字での試験日は、全学統一方式(理系)は2月3日(金)のみ、全学統一方式(文系)は2月4日(土)のみとなりますので注意してください。それ以外の方式の場合は、該当する方式の試験日となります。いずれの方式も点字での受験は京都試験場に限ります。
  2. 問題冊子・解答用紙の拡大を希望する場合、試験地は京都試験場に限ります。
  3. 試験時間延長(問題冊子・解答用紙の拡大を伴う場合を除く)、別室での受験を希望する場合、試験地は京都試験場、草津試験場、大阪茨木試験場に限ります。
  4. 英語、国語、理科(物理・化学・生物)の一部(科目によっては全部)にマークセンス方式を採用しています。
    視覚等の障害のため、受験に際して特別な配慮を必要とする場合は、上記の「申請書」にもとづき、審査のうえ判断します。
  5. 日常生活において、補聴器、車椅子等を使用している方で、試験当日も同様に使用する場合は、試験場設定等の関係から必ず申請してください。
  6. 試験形態、病気・負傷や障害等の程度によっては、適切な配慮が行えない場合があります。必ず出願前に入学センターまでお問い合わせください。
(2)センター試験方式に出願する場合

入学後の学修に際して配慮を希望する場合は、必ず出願期間開始前までに入学センターまで申し出てください。

注意
受験時に特別な配慮を希望される場合は、実際に出願する・しないにかかわらず、
なるべく早く入学センターまでお問い合わせください。
TEL 075-465-8351(9:00〜17:30 土・日・祝除く)