立命館大学入試情報サイト

2018年10月 TOPICS

センター試験併用方式の一般入試体験談 経済学部 2回生(岡山県立倉敷青陵高校出身)

入試方式を選んだ理由

得意科目が活かせる入試を選択

私がセンター併用方式を選んだのは、自分の得意な教科で受験できたからです。高校の授業でセンター試験対策に力を入れていたので、センター試験を利用できるものがいいと思っていました。経済学部のセンター試験併用方式は、5教科型で、英語と国語以外の教科をセンター試験の高得点科目から採用してくれます。私は、センター試験の数学、現代社会、理科が得意だったので、残りの国語と英語だけを独自試験で受ける方式を選びました。そのおかげで、立命館大学の入試対策は、国語と英語の2教科だけに集中して勉強することができました。

夏以降〜受験期の入試対策

過去問題を重視して対策をしました。夏休みにセンター試験の基礎に取り組んだので、夏休み明け以降は苦手分野の復習やセンター試験の過去問題に時間を割きました。センター試験後は立命館大学の過去問を解き続けました。センター試験併用方式の場合は、国語と英語の二教科でどちらもオールマーク形式で対策はしやすかったです。「入試ガイド」に掲載されていた合格最低点を見て、あと何点必要か、を計算しながら具体的な目標を立てて取り組みました。

勉強に対する工夫やリフレッシュ方法

まず、その日に勉強する内容を書き出しました。少し余裕を持たせた計画を立ててから勉強を始めました。そして、書き出した勉強が終わるごとに黒のペンで消していました。勉強が進んでいることを目に見える形にすることでモチベーションを上げていきました。今でも、計画的に物事を進めるうえでは、この方法が役立つときがあります。また、学校や塾の自習室を使うことで勉強に集中する環境を作っていきました。息抜きとしては、好きな歌手の音楽を聴いたり、夜ご飯の時間にドラマを見たりしていました。そして、心を落ち着かせるために最後は神頼みをしました(笑)。高校の近くの神社にはよく行きましたし、受験の際は、その地の神社に出向き合格祈願をしたりして、気持ちを落ち着かせました。

出願準備のアドバイス

私は、得意科目の勉強を手抜きせずにもっとやっておけばよかったと後悔しています。苦手科目で失点するのは自分の中で納得がいきますが、得意科目で失点してしまうとすごく後悔します。苦手科目の対策も必要ですが、後悔しないために得意科目の勉強も抜かりなくやっておくべきだと思います。

受験生のみなさんへメッセージ

いくら勉強しても点数が伸びなかったり、周りがどんどん合格していく中で自分だけが取り残されていったりすることもあると思います。でも、諦めずに勉強を続けてください。必ず道は開けます。自分を信じて、本当に自分が行きたい大学を目指して合格できるように努力をすることが大切です。そして合格した暁にはあなたが思っているより何倍も何十倍も楽しく充実した大学生活が待っています。頑張ってください。健闘を祈ります。