立命館大学入試情報サイト

2018年10月 TOPICS

全学統一方式の一般入試体験談 総合心理学部 2回生(秋田県立秋田中央高校出身)

入試方式を選んだ理由

合格者数が多く出ている全学統一方式を重視

私は、立命館大学が第一志望だったので、全ての方式を受験しました。そのなかでも、全学統一方式は立命館大学の入試方式の中で最も多く合格者数を出す入試方式だったので一番重きを置いていました。私は得意な科目や苦手な科目があまりなく、配点差が大きい学部個別方式より配点差が小さい全学統一方式の方が自分に合っていると感じました。試験日は4日間設定されていたので、チャンスを活かし、初日と3日目と4日目を受験しました。

併願でチャンスを拡大

合格最低点を参考に、センター試験方式でチャンスを拡大

センター試験の5教科・7科目も勉強していたので、その点数を利用して合格を勝ち取りたいという気持ちもありました。センター試験方式やセンター試験併用方式などは、センター試験で高得点の教科・科目を自動で換算してくれるので、自分にとって有利だと考え、総合心理学部以外の学部も受験し、合格をもらった学部もあります。合格最低点をしっかり見て入試方式を選択したことが、合格につながりました。

夏以降〜受験期の入試対策

英語は立命館大学の対策がセンター試験の対策にもなった

英語が苦手だったため英語の基本である文法や単語を身につけようと思いました。その勉強と同時に立命館大学の赤本の英語を早い時期(9月くらい)から取り組むようにしていました。毎日英語に少しでも触れることで少しずつ点数が上がり、また赤本で立命館大学の対策をしていたことが自然とセンター試験の対策にもなっていました。

勉強に対する工夫やリフレッシュ方法など

大まかなto doリストでやるべきことを明確に

毎日、今日勉強する内容や取り組むことのto doリストを作って机の上に置いていました。To doリストを作る際は、あまり細かく作り過ぎてしまうと途中で挫折してしまったり、計画通りにいかないと柔軟に対応できないため、大まかな内容で良いと思います。自由時間のリフレッシュ方法としては、音楽を聴いていました。また、どうしても見たいTV番組がある場合は録画して勉強の息抜きの時間に見ていました。

出願準備のアドバイス

早めに出願パターンの計画を

出願手続きの準備は早ければ早いほどいいと思います。複数の大学に出願するとなると、手間と時間がかかります。また、検定料の振り込みなど金銭的な面も関わるため早めに準備しておいた方が良いと思います。1月の初めやセンター試験受験後に出願期間がありますがその時期はナーバスになることも考えられるので、12月くらいから出願するパターンをいく通りか考えておくとスムーズに出願できると思います。私はセンター試験の得点を3パターン想定し、併願する大学を考えていました。

受験生へのメッセージ

先の見えない不安と戦いながらの受験勉強はとても苦しいことと思います。その中でも毎日やるべきことをしっかりと目的や意識を持って勉強すると、時間はかかると思いますが結果はついてきます。毎日の積み重ねが合格という大きな結果につながると思って1日1日頑張ってください。息抜きも時には必要ですよ。応援しています。