立命館大学入試情報サイト

2018年10月 TOPICS

全学統一方式の一般入試体験談 スポーツ健康科学部 3回生(京都府立乙訓高校出身)

入試方式を選んだ理由

過去問題で傾向と対策ができることを重視!

高校3年生の時は、勉強が追いつかずに悔しい結果となりました。他大学へ行くことも考えましたが、立命館大学を諦めきれず、浪人して再度挑戦しました。浪人時は1年間勉強し続け、傾向と対策を入念に行ってリベンジを果たすために全学統一方式を受験しました。また、センター試験を使うよりも、過去問題で傾向把握と対策がしっかりできることを重視しました。全学統一方式は、募集人数と合格者数が一番多く受験機会も複数回あったので、3回受験しました。

夏以降~受験期の入試対策

問題の傾向と自分の弱点を早めに知って対策を

夏以降は立命館大学の過去問題を1週間に1度、どれかの教科1つだけ解くことを心掛けていました。同じ傾向の他大学の問題を解いたこともあります。問題の傾向とそれに対する自分の弱点を早いうちに知ることがとても大切で、その問題を解いて合格最低点と自分の実力との差がどれくらいなのか常に確認し、何が不足しているのか把握するようにしていました。英語は文法をしっかりおさえながら、長文を最低でも2日間に1つは読み、国語も現代文を2日間に1度解くことを心掛けてました。その時に解いて終わりではなく、その問題の内容をすべて覚えるぐらいの気持ちで復習し、2回目解くときは答えを覚えている状態まで復習しました。夏以降は知識を蓄えながらも、それを問題に使うことが出来ているのかを確認していくことも必要だと思います。

勉強に対する工夫やリフレッシュ方法

勉強しなければいけない環境を大切に

塾や学校の自習室に朝から行くなど、勉強しなければならない環境に自分の身を置くようにしていました。朝ゆっくりしたい時もありましたが、試験当日は朝からテストがあるので、普段からテスト日と同じ環境を作るようにしていました。集中力が続かない時もありましたがその時もとにかく自習室に居続けるようにしました。自習室にいれば勉強にやる気がなくて携帯を触っていたとしても少し時間が経てば、勉強しなければ、と思い直すことができます。また、リフレッシュ方法としては、友達とご飯を食べたり勉強の進み具合などを確認したりして人と関わる時間をもつようにしていました。

出願準備のアドバイス

周りの人を頼りながら入念に確認を

併願校との受験日程のバランスを考えることが大切です。第一志望の入試に加えて併願校の入試もあるので疲れや集中力のバランスを考えて、受験日程や回数の計画を立てておくとよいと思います。わからないことは、進路部の先生や塾の先生、先輩に聞くといいと思います。恥ずかしさやプライドは受験勉強の邪魔になることもあります。諦めずに自分で答えを見つけることも大事ですがわからないところは素直に聞きに行くことも大事です。この行動力は後の大学生活でも役立つのでぜひ、行動を起こしてください!

受験生へのメッセージ

受験勉強で頑張っていたことは大学に入ってから意外なところで役に立つこともあります。英語を今必死に頑張っていれば入学してから留学する時に役に立つ可能性もあります。しんどい時もあると思いますがいつかこの勉強が役に立つと信じて頑張ってください。立命館大学は学生数も多く色んな学生がいるので日々多くのことを吸収しながら成長できる場所です。人によって出身地も異なれば、将来目指すところ、大学でやりたいことも違うので様々な道があります。その道を選ぶのは自分であり、行動を起こすことが大切です。自分自身の道を歩みだす第一歩としてまずは合格を勝ち取るための行動を起こしてみてください!皆さんのご入学をお待ちしています。