立命館大学入試情報サイト

2019年2月 TOPICS

3月入試がよく分かる!入試解説&受験体験談

「経営学部で学ぶ感性+センター試験」方式

説明会での体験談を参考に
経営学部 経営学科 1回生
大阪府出身
Dさんの体験談

この入試方式を受験したきっかけと、そのメリットは?

センター試験の高得点科目を利用できる

私は前期の入試で国立大学と私立大学を併願していました。立命館大学は前期入試も受験しましたが、よい結果が得られませんでした。浪人することは考えていなかったため、学校の先生にも相談して後期入試の受験を検討するなかで、もともと経営・商学部志望だった私にマッチした入試方式だったので受験を決意しました。この方式は、一定の条件を満たせば独自試験の得点のみで合否判定されます。また、センター試験の部分は、高得点科目が自動的に採用されるところがメリットだと感じました。

受験に向けて具体的に取り組んだ対策は?

赤本で入試問題の傾向を把握、説明会での先輩学生の体験談も参考に

大阪いばらきキャンパスで開催された「3月入試説明会」では前年の過去問題をもらうことができたほか、実際に「経営学部で学ぶ感性+センター試験」方式を受験した先輩学生の体験談を聞くことができ、とても参考になりました。入試対策としては、立命館大学の入試傾向をとらえるために、赤本を解いて参考にしました。独自試験の記述問題では文字数が限られているので、字数内に収めて文章を書く練習をしたり、三段論法で書いたりすることを意識しました。また、他の人が思いつかないような発想を日頃からできるよう心がけました。普段あまり観ていなかったテレビや新聞広告なども意識して観るようにし、それを題材に自分だったらどのようなアイデアが出せるか、色々な思考を巡らせていました。

後期入試の受験から合格までのエピソード

支えてくれた家族や先生に感謝

後期入試を受験するときは、どこの大学の合格も手にしていなかったため、とても不安で自信も持てませんでした。合格したと分かったときは、今まで感じたことのないくらいの喜びと、辛い時期を支えてくれた家族や高校の先生への感謝の気持ちがあふれて涙が止まりませんでした。

受験生のみなさんへ

今は不安で、その気持ちに押しつぶされそうな人も多いと思います。しかし、自分がこれまで取り組んできたことを信じて、自暴自棄にならず最後まで全力で駆け抜けてください。努力は裏切りません!

戻る