立命館大学入試情報サイト

2019年2月 TOPICS

3月入試がよく分かる!入試解説&受験体験談

センター試験方式 後期型(4教科型)

高得点科目採用が合格の要因に
総合心理学部 総合心理学科 2回生
沖縄県出身
Eさんの体験談

立命館大学の後期入試を受験したきっかけは?

痛かったセンター試験での失敗。
最終の手段として後期型に出願。

元々は国公立大学を志望していたので、立命館大学は、前期実施のセンター試験方式の5教科型と7科目型だけを受験する予定でした。しかしセンター試験でのミスが大きかったため前期入試でよい結果が出せず、最終の手段のつもりでセンター試験方式の後期型を出願しました。私立大学の中でも立命館大学を選んだ理由は、志望していた国公立大学と偏差値が同じくらいであったこと、また総合心理学部に興味を持ったことでした。経済的な面から本来なら私立大学の進学は難しいところでしたが、もし仮に私立大学に進学するなら立命館大学の総合心理学部かな、と考えているうちに、本格的に併願校として立命館大学を志望するようになりました。

立命館大学の後期入試のメリットは?

センター試験後に出願できたこと

センター試験の成績を利用する入試方式であっても、センター試験が終わった後に出願できることです。また、立命館大学のセンター試験方式は高得点科目を採用してくれるため、比較的点数が取れていた外国語と国語の他に、センター試験の受験科目の中でも高得点の自信があった理科を採用できたことが合格できた要因だと考えています。

後期入試の受験から合格までのエピソード

落ち込んでいた日々に突然舞い込んだ選択肢

センター試験を失敗して志望校を下げたにもかかわらず、国公立大学の前期試験に通らなかったことはかなり落ち込みました。正直、立命館大学の後期入試についても受かる自信がなかったので、合格したとわかった時には本当にびっくりしました。合格を手にするまでは、地元である沖縄の大学に行くか浪人するかの2択で迷っていたので、新しい選択肢が追加されたことに少し戸惑いましたが、徐々に実感と嬉しさがこみ上げ、立命館大学への進学を決意しました。

受験生のみなさんへ

後期入試を検討している皆さんは、今かなり不安な気持ちが大きいと思います。しかし、行きたい大学に進学しても思い描いていた大学生活とのギャップが大きく、退学したり休学したりする人もいる一方で、私みたいにもともと志望校ではなくても、今後打ち込みたいことや勉強への熱意を見出す人もいます。合格することだけがゴールではなく、合格して進学した後にも自分自身の考えや目標が変ることも視野に入れ、気負いすぎずに勉強に励んでいただきたいです。結果がどうであろうと、今取り組んでいる勉強は絶対に今後の糧となります。それを忘れずに、自分に自信をもって最後までやり通してください。今しかできない受験勉強、既に頑張っているのは承知です。つらいと感じる瞬間も多々あると思いますが一生懸命に頑張ってください。応援しています。

戻る