1. HOME >
  2. 入試Q&A >
  3. 一般入学試験

入試Q&A

入試Q&A
MENU

一般入学試験

一般入学試験要項について

Q一般入学試験要項を入手したいのですが。
Aこちらから資料請求(無料)が可能です。各種入試イベントでは、参加者に配布(要項発行前は送付予約)します。
Q立命館大学の各キャンパスに一般入学試験要項はありますか。
A
各キャンパスや全国の立命館プラザで11月上旬より一般入学試験要項を配付します。受け取り場所の詳細はこちら
Q一般入学試験要項の中に願書は入っていないのですか。
A本学の一般入学試験は、全てインターネット出願となります。一般入学試験要項の内容を確認のうえ、インターネット出願ページから出願してください。

併願について

Q試験日や方式が複数ありますが、複数の学部を併願することは可能ですか。
A【2月実施入試】試験日が異なるのであれば、同じ方式でも、異なる方式でも併願することが可能です。
【3月実施入試】後期分割方式と「経営学部で学ぶ感性+センター試験」方式は、同じ試験日に実施しますが異なる学部であっても併願することが可能です。
無料で配信しているスマートフォン用アプリ「立命館大学入試情報アプリ」で、併願の可否や受験料の総額をチェックできます。アプリダウンロードの方法はこちら
Q同じ学部や学科を併願して受験することは可能ですか。
A【2月実施入試】試験日が異なれば、同じ方式でも違う方式でも併願して受験することが可能です。また、下記の学部・方式に限り、1回の受験で同じ学部(理工は学系)内の2つの学科・専攻を併願することができます。
  • 産業社会学部/センター試験併用方式
  • 経営学部/センター試験併用方式
  • 理工学部/全学統一方式(理系)および学部個別配点方式
  • 生命科学部/全学統一方式(理系)
【3月実施入試】後期分割方式では、一部の学部(文学部・理工学部・生命科学部)で同じ学部(理工は一部の学系)内の2つの学科・学域を併願することができます。
無料で配信しているスマートフォン用アプリ「立命館大学入試情報アプリ」で、併願の可否や受験料の総額をチェックできます。アプリダウンロードの方法はこちら
Qセンター試験方式で複数の学部・学科を併願することは可能ですか。
A【2月実施】【3月実施】両方とも併願可能です。
無料で配信しているスマートフォン用アプリ「立命館大学入試情報アプリ」で、併願の可否や受験料の総額をチェックできます。アプリダウンロードの方法はこちら

出願登録について

Qインターネット出願は、いつから可能ですか。
A【2月実施入試】2018年1月5日(金)から出願可能です。
【3月実施入試】2018年2月10日(土)から出願可能です。
なお、インターネット出願ページは2017年12月下旬より公開予定です。
Q全学統一方式(文系・理系)や学部個別配点方式の選択科目は出願時に決めないといけないのでしょうか。
A出願時に決める必要はありません。選択科目や理科の科目は試験当日に問題を見てから決めることができます。
ただし、一部の学部・学科、方式では、受験科目を指定している場合がありますので、注意してください。
Q一つの地方試験地に複数の試験会場がある場合、受験する会場はどのように決まりますか。
A会場は、各学部・方式の出願状況を勘案し、決定します(受験生の方の住所や出願順などで決まるわけではありません)。どの会場で受験するかは選択できませんので、出願後に大学から郵送される受験票でご確認ください。(ただし、試験地は出願時に選択できます)
Q出願登録した内容を確認できますか。
A出願登録完了後に、インターネット出願システムのトップ画面で「出願登録/出願内容の確認」からログインすると、確認ができます。

検定料について

Q方式ごとの入学検定料について教えてください。
A
方式 入学検定料
全学統一方式(文系)・全学統一方式(理系)・薬学方式・学部個別配点方式・IR方式(英語資格試験利用型)・センター試験併用方式・後期分割方式・「センター試験+面接」グローバルコース方式・「経営学部で学ぶ感性+センター試験」方式 35,000円×出願数
全学統一方式(理系)
「2学科併願制」の2併願目
理工学部
生命科学部
(上記に加えて)
10,000円
学部個別配点方式
「2学科併願制」の2併願目
理工学部
センター試験併用方式
「2学科・専攻併願制」の2併願目
産業社会学部
経営学部
後期分割方式
「2学域併願制」、「2学科併願制」の2併願目
文学部
理工学部
生命科学部
センター試験方式 18,000円×出願数
無料で配信しているスマートフォン用アプリ「立命館大学入試情報アプリ」で、併願の可否や受験料の総額をチェックできます。アプリダウンロードの方法はこちら
Q入学検定料の納入にあたって、金融機関等の指定はありますか。
A コンビニエンスストア、金融機関ATM(ペイジー)、インターネットバンキング/モバイルバンキング(ペイジー)、クレジットカードのいずれかの方法でお支払いください。
Q検定料を支払った際の領収書は、出願書類に封入する必要がありますか。
A封入する必要はありませんが、大切に保管をしてください。

出願書類について

Q提出が必要な出願書類はありますか。
A調査書等は必ず提出してください。その他、対象者のみ提出が必要な書類がありますので、詳しくは11月発行予定の一般入学試験要項を確認してください。
Q複数の学部・試験日・方式を併願し出願する場合、各出願書類は複数必要ですか。
A複数の学部・試験日・方式を併願しても、出願登録を同時にすれば1通のみで構いません。
Q出願登録後に追加出願をする場合、出願書類は再提出が必要ですか。
A 再提出の必要はありません。ただし、追加出願した入試方式によっては、対象者のみ提出が必要な書類がありますので、詳しくは11月発行予定の一般入学試験要項を確認してください。
Qセンター試験を利用した入試方式に出願したいのですが、「センター試験成績請求票」を紛失や不足した場合、どうしたらよいですか。
A
センター試験の成績請求票は「大学入試センター試験」出願後、大学入試センターより送付される受験票に添付されています。成績請求票を紛失した場合や不足する場合は、大学入試センターに連絡し、各自で取り寄せてください。
お問い合わせ先
独立行政法人大学入試センター TEL.03-3465-8600
Qセンター試験方式、センター試験併用方式に出願しました。センター試験成績請求票は、どのように提出すればよいですか。
Aそのまま封筒に入れて提出してください。台紙等に貼付けをする必要はありません。
Q出願時に写真の提出は必要ですか。
A出願時には、写真の提出は必要ありません。出願後に、立命館大学からお送りする受験票の所定欄に写真を貼付し、試験当日に持参してください。
なお、入学手続の際には受験票と同一の写真が3枚必要となり、学生証等に使用します。予備の写真またはネガを保存しておいてください。
Q出願書類を郵送するにあたって、封筒サイズの指定はありますか。
A指定はありません。郵送書類がすべて入る封筒(参考サイズ:角形2号(24cm×33.2cm))を使用してください。

その他、インターネット出願登録システムに関するQ&Aは12月下旬に公開予定です。

受験票について

Q送られてきた受験票の名前や住所に誤りがあるのですが。
A志望学部・方式・試験日・受験地などの記載情報が出願内容と異なる場合は、必ず試験日までに上記入学試験事務室まで連絡してください。なお、住所・氏名の表記が異なっている場合は、試験当日の第一時限終了時に訂正案内をしますので、その際に申し出てください。
Q受験票に貼る顔写真について、学校で撮影したため学生服のままですが、大丈夫ですか。
A受験票には、その写真を使用していただいて大丈夫です。ただし、入学手続きの際には、学生証等に使用するため、受験票と同一の写真が3枚必要となります。予備の写真またはネガを保存しておいてください。

その他

Q同一学部を同じ方式で複数回受験した場合、一番よい成績の日の結果で合否判定がされるのでしょうか。
A1回の受験ごとに、合否を決めます。そのため、3回受験された場合、結果通知も3通届くことになります。(複数合格していた場合は、入学手続時にどれか1通を選んでください)
Q各学部の出願状況はチェックすることができますか。
A可能です。2018年1月中旬より「立命館大学入試情報サイト」に掲載しますのでご確認ください。
Q各方式の解答形式がマーク式か、記述式かを知りたいのですが。
A今年度の解答形式については公表しておりません。ご参考に一般入学試験過去問題・講評をご確認ください。
Q過去問題はありますか。
A過年度の問題をまとめた一般入試問題集を衣笠キャンパス(入学センター)、全国の立命館プラザにて配布しています。また、一部はこちらでも公表していますのでご確認ください。(解答は本学では用意しておりません。予めご了承ください。)
Q試験日の前後で宿泊を考えています。宿泊施設は紹介してもらえますか?
A宿泊施設のご紹介はしておりません。
Q試験当日、保護者等の控室はありますか?
A衣笠キャンパス(京都)、びわこ・くさつキャンパス(滋賀・草津)、大阪いばらきキャンパス(大阪・茨木)以外の試験会場には保護者等の控室はありません。
Q試験時間以外の時間に、昼食等で試験会場を出ることは可能ですか。
A可能です。ただし、第2時限目以降の遅刻は一切認めませんのでご注意ください。