1. HOME >
  2. 学費・奨学金 >
  3. Aさんの場合

学費・奨学金

学費・奨学金
MENU

奨学金利用者インタビュー Aさんの場合

Aさん
学部:映像学部 2回生
性別:女子
居住形式:下宿
入試方式:全学統一方式を受験
※2015年インタビュー当時

入学試験受験前予約採用型奨学金に出願したきっかけを教えてください。
予備校の張り紙で「入学試験受験前予約採用型奨学金」の存在を知りました。
それまでは、経済的な理由で立命館大学の受験は諦めていたのですが、将来映像について学びたいという強い気持ちがあり、この奨学金を利用して出願しようと決意しました。
1ヶ月の生活費の内訳を教えてください。
収入 仕送り:4万円
アルバイト:3万円
奨学金:8万円
支出 家賃:5万円
食費:2万円
光熱費:1万円
雑費:1万円
今取り組んでいること、熱中していることは何ですか?
現在、映像学部のオリター活動に参加しており、1回生との交流を通して日々充実した学生生活を送っています。その他には、映像制作の自主ゼミに所属し、前期と後期の年2回に映像の自主制作を行っています。
※オリター:学部毎に配された学生主体の団体。主に基礎演習や小集団科目での授業運営や、新入生が学生生活にスムーズに馴染むためのサポートに当たっている。
1週間の過ごし方を教えてください。
月曜日 授業+アルバイト
火曜日 授業+アルバイト
水曜日 授業
木曜日 授業+自主ゼミ
金曜日 授業+オリター活動
土・日曜日 アルバイトや撮影で一日を過ごすこともある(自主ゼミの撮影)
今後学生生活でチャレンジしたいことは?
映像編集に必須のイラストレーターやフォトショップなどアドビソフトを日々活用し、スキルを身につけるように努力しています。早くマスターできるようになりたいと考えています。また、様々な専門講義や映像制作の経験を通して、映像などのコンテンツビジネスに興味がわきました。今後はこの分野を中心に勉強していきたいと思っています。
受験生に一言
私のように経済的な理由で立命館大学の受験を諦めていた人が、このような奨学金を利用することで将来へのチャンスを広げることが出来るのは非常に素晴らしいことだと思います。受験を迷っている人は、是非チャレンジしてみてください。