1. HOME >
  2. キャンパスライフ >
  3. キャンパス・学部紹介 >
  4. 映像学部

キャンパスライフ

キャンパスライフ
MENU

キャンパス・学部紹介

衣笠キャンパス

映像学部

映像学科

「映像」であらゆる分野をつなぎ、社会に貢献する。

映像学部では、映画やCGアニメーション、アクションゲームなどに限らず、映像を用いた社会課題の解決とその基盤となる多様な文化的価値の創造を目指しています。アート・ビジネス・テクノロジーの3つの領域から映像にアプローチする総合大学ならではの学びを展開し、「映像芸術」「ゲーム・エンターテインメント」「クリエイティブテクノロジー」「映像マネジメント」「社会映像」といった5つの学びのゾーンを軸に、多様な映像分野を開拓し、映像を通じて広く人類と社会に貢献していく人間を育成していきます。

「インタラクティブメディア実習」
学部の学び

5つの学びのゾーン

多様化する映像に、アート・ビジネス・テクノロジーの要素を備える様々な科目を5つの「学びのゾーン」に配置し、映像を用いた社会課題の解決とその基盤となる多様な価値の創造を追求していく「プロデューサー・マインド」を育成するためのカリキュラムを編成・実施しています。

映像芸術

映画の表現技法、シナリオの創作、演出や仕上げおよび関連領域の知識と技能を学修します。実写映画、CGアニメーションなどの制作および映画の理論、歴史を学ぶことができます。

ゲーム・エンターテイメント

従来型のエンターテインメント作品から、芸術的な実験型作品までを対象とし、遊戯の理論と歴史、難易度設計、世界観設計、シナリオ、グラフィックデザイン、プログラミング、ソーシャルメディアの構築を学ぶことができます。

クリエイティブテクノロジー

映像メディアに関わる新しい技術とその創造性の探求が目的です。メディアの創造とメディアによる創造性に関わるこのゾーンでは、関連領域の知識と技能について学修します。メディアアートやバーチャルリアリティなどを学ぶことができます。

映像マネジメント

映像を用いた産業領域におけるビジネスモデルのデザインや運営方法や関連領域を学修します。学生は、映像メディア産業(コンテンツ産業、クリエイティブ産業、情報メディア産業)のマネジメントおよびマーケティング、社会的貢献について学ぶことができます。

社会映像ゾーン

社会を発見し、社会と関わるために、アーカイブやネット文化に関する知識を修得し、フィールドワークを通じてドキュメンタリー映像などの制作や映像アーカイブの実践に関する技能と知識について学修します。ドキュメンタリーや映像社会学、映像人類学、メディア社会学、デジタルアーカイブなどを学ぶことができます。

関連する進路・資格・教員免許など
関連する進路・資格など 教員免許
学芸員・図書館司書※・学校図書館司書教諭※
※ 少人数課程のため定員を設けています。
高等学校教諭一種(情報)
就職状況

社会のあらゆる分野で「プロデュース能力」を活かす。

学部で培った専門知識は現場で活きる実践力。映像関係やゲーム業界をはじめ、社会のさまざまな分野で卒業生が活躍しています。

  • ◎円グラフの数値は小数点以下第二位を四捨五入により算出。

2019年度 映像学部パンフレットダウンロード

  • 大学案内・入試ガイド 資料請求
  • 映像学部のWebサイトはこちら

関連するリンク

● 情報公開
● 大学院
● 留学プログラム
● 国際展開
● 研究、産学官連携
● 学生生活、就職