1. HOME >
  2. キャンパスライフ >
  3. 学部紹介 >
  4. 経営学部

キャンパスライフ

キャンパスライフ
MENU

学部紹介

経営学部

ビジネスを発見し、ビジネスを創造する経営学

立命館大学経営学部は、高度経済成長期、日本においても経営学を学ぶ必要性と重要性が認識されはじめた1962年に設置されました。2006年には国際経営学科を開設。留学生との交流や海外留学プログラムなどを通じた教育・研究の国際化を促進するなど、教学展開を積極的に行っています。1回生では「学びを知る」ための基礎的な科目群、2回生では「学びを広げる」ためのインテンシブプログラムや留学プログラム、3回生では「学びを深める」ことを目的としたゼミナール(ゼミ)や発展的な専門科目群、そして、4回生ではそれまでの「学びをまとめる」卒業論文に取り組むなど、理論と実践をバランスよく学ぶことができます。また、会計関連の資格取得サポートも充実しており、現在では多くの卒業生が公認会計士として社会で活躍しています。

実践を活かした多角的な経営学の学び
学科紹介
国際経営学科

留学を経験し、国際ビジネスの現場に触れて学ぶ。

国際経営学科では、高度な英語運用能力と国際理解力、さらに国際ビジネスを創る力を充実させ、グローバル社会に対応できる人材の育成を目指します。まず、経営学の専門基礎をしっかりと学んだうえで、各自の興味や関心に応じて専門的な内容を段階的に履修していきます。希望者は中国語などの英語以外の外国語を学ぶこともできます。英語で経営学を理解する能力を身につけるとともに、海外留学に挑戦できる機会も豊富に設けています。

英語でのポスターセッションの様子
経営学科

確かな経営理論を系統的に学び、新しいビジネスを創造し、成功に導く能力を養う。

新たなビジネスを立ち上げ、成功に導くための新たなビジョンの確立と、行動力の育成に力を入れた授業を展開しています。進路目標に合わせて系統的に学べるように「戦略とマーケティング」「組織とマネジメント」「会計とファイナンス」の3つのコースを設定し、少人数のゼミナールなど自主性を養う多様な実践型の学びの機会を用意しています。

「マーケティング論」の講義風景
戦略とマーケティングコース
企業が目標を達成するための「戦略」と、顧客ニーズを正しくつかみ、価値ある商品を創造するための「マーケティング」を体系的に学びます。
組織とマネジメントコース
企業を構成するヒトの集まりである内部組織の仕組みや、その組織的な管理運営、組織を動かすリーダーの条件や素養について、心理学に基づく分析などを交えながら体系的に学びます。
会計とファイナンスコース
企業を取り巻くお金の流れとその仕組みを理解し、利害関係を持つ企業外部とのつながりや企業内部の資金の管理運営、さらには金融市場などについて体系的に学びます。
学生インタビュー

経営学部の学びを活かし、時代に革新を起こすイノベーターに。

親の影響もあり、昔からビジネスやお金の流れについて興味がありました。大学では起業について、また会社の視点から捉える実務的な知識を得たかったため、経営学部を志望しました。現在は産学連携において課題の発見・問題解決を導き出すアントレプレナーシップ論などを受講しています。またゼミでは、「新領域についてのマーケティング」について研究しています。少人数で実施される教授との対話形式の授業やグループワークを通じて、傾聴力・発信力が身につきました。相手の意見を引き出したり、議論の方向性を導いたりと、グループで成果を目指す取り組みにも興味が深まりました。団体の一員としてビジネスコンテストに参加した際には、外資系消費財メーカーのCEOを始めとする経営陣に、英語でプレゼンをする機会があり、貴重な経験となりました。将来は、その時代の先端領域における分野で今までになかったもの(モノ・サービス・ビジネスモデルなど)を開発し、時代に革新を起こすようなイノベーターになりたいです。そのために、日々疑問に思ったことは立ち止まって深く考え、ひとつひとつ解決していくことが大切だと実感しています。今後も企業インターンシップに参加するなど、さらに経験と知識を培っていきたいです。

経営学部 経営学科 3回生
三重県・高田高校出身

デンマーク留学で、日本企業のすばらしさを実感。

将来はグローバルに活躍するビジネスパーソンになるのが夢。そのために英語とビジネスの両方を学べる国際経営学科に進学しました。ビジネスシーンで使われる英語を学ぶ授業でまず味わったのは、自分の話す英語が実践の場ではまったく太刀打ちできないという挫折感でした。その壁を打ち破れたのは、グループでの論文作成がきっかけです。英語の文献を読み、アカデミックな英語で論文を書き上げる中で、力が身についている手ごたえを感じることができました。また、グループの仲間の支えも大きな力になりました。英語運用能力が飛躍的に伸びたおかげで、念願だった南デンマーク大学への留学を経験。感慨深かったのは、留学先で日本から遠く離れたデンマークにも名を馳せている日本の企業や製品があるということ。将来はグローバル展開している今の日本企業のように世界の人を満足させられる商品やサービスを提供する仕事をしたいと考えています。

経営学部 国際経営学科 4回生 
宮崎県立宮崎西高校出身
就職状況

経営学部卒業生の進路

学部での専門知識を活かし、新たな価値の創造ができる人材として、多くの卒業生が国際社会の幅広い分野で活躍しています。

【2015年度卒業生 就職先一例】

●アクセンチュア(株)●(株)アサツーディ・ケイ●味の素(株)●有限責任あずさ監査法人●アステラス製薬(株)●(株)伊藤園●(株)京都銀行●住友ゴム工業(株)●(株)セブン-イレブン・ジャパン●(株)髙島屋●(株)デンソー●東京海上日動火災保険(株)●東洋紡(株)●有限責任監査法人トーマツ●西日本高速道路(株)(NEXCO西日本)●西日本電信電話(株)(NTT西日本)●日本アイ・ビー・エム(株)●日本精工(株)●(株)日本政策金融公庫●日本生命保険(相)●(株)日本総合研究所●日本電気(株)(NEC)●日本郵政(株)●任天堂(株)●パナソニック(株)●富士重工業(株)●富士通(株)●みずほ証券(株)●(株)三井住友銀行●(株)三菱東京UFJ銀行●(株)村田製作所●(株)ゆうちょ銀行●(株)読売新聞大阪本社●楽天(株)●(株)リクルートホールディングス●国家公務員一般職  〈50音順〉

より詳しい学部の学びやカリキュラム、卒業生インタビューは大学案内でご覧ください。

  • 大学案内2017を資料請求する
  • 経営学部のWebサイトはこちら

関連するリンク

● 情報公開
● 大学院
● 留学プログラム
● 国際展開
● 研究、産学官連携
● 学生生活、就職