1. HOME >
  2. キャンパスライフ >
  3. キャンパス・学部紹介 >
  4. 総合心理学部

キャンパスライフ

キャンパスライフ
MENU

キャンパス・学部紹介

大阪いばらきキャンパス

総合心理学部

総合心理学科

「人間」そのものを深く知り、
社会のさまざまな場で活かす力を身につける

「心理学」というと、個人の悩みを対象としたカウンセリングや性格分析などがイメージされがちです。しかし、それはごく一面にすぎません。心理学は、個人はもとより家庭、学校、一般企業、地域、国際社会など、さまざまな場で発生する人間そのものに起因した社会的課題について、総合的かつ現実的にアプローチする学問です。総合心理学部の教学は2つの柱から成り立っています。第一の柱は、心理学を「総合的」に学ぶということです。本学部は基礎心理、応用心理などの心理学の基本的な諸分野を総合的に学びます。心理学を総合科学として学べる学部は日本でもほとんど類例がありません。第二の柱は、教学全体を通して人間力を「総合的」に高めることです。そのために「総合人間理解科目」を整備しました。人文科学・社会科学など隣接諸科学の教育研究をはじめ、充実した教養教育、プロジェクト型の先進的な外国語(英語)教育を幅広く展開しています。4年間で、人間の心と行動、成長による心の発達の様相、そして心と社会・文化との関係についての専門的知見の形成と、臨床や産業の現場で発揮できる実際的応用力の修得を目指します。現代の複雑な課題を解決する意志と実行力を備えた人材を育成することが本学部の役割です。卒業後の進路は、心理専門職*をはじめ、行政や企業、そしてグローバル化する現代社会に貢献できるさまざまな職種を想定しています。

  • *公認心理師や臨床心理士などいくつかの資格は取得のために大学院への進学などが必要になりますが、そうした進路についても総合心理学部はしっかりと支援していきます。
学部の学び

コース別の学びと学部横断的な学びで総合力を養成。

総合心理学部には、「認知・行動」「発達・支援」「社会・共生」の3つのコースがあり、心理学の専門分野を系統的に学びます。コース別に専門性を深めると同時に学部横断的な学びを重視しており、総合人間理解科目や、実験・実習科目、演習、外国語(英語)科目といった学部共通の科目はもちろん、他コース専門科目もコースを越えて履修することができます。人間に対する総合的な理解、幅広い心理学分野の知識を蓄積しつつ、その上に専門性を磨いていきます。

実践的な英語運用能力を身につけ、グローバル社会の課題解決を目指す。

グローバル化の進展により、さまざまな国の人とのかかわりがより密接になりつつあります。総合心理学部では、相手を正しく理解し、自分の考えを伝えることができるよう実践的な国際教育プログラムを整備しています。

プロジェクト発信型英語プログラム〈外国語科目〉

学生自身が興味・関心を持った分野やテーマについて、世界中から英語で情報をリサーチし、その成果を英語で発信します。国際的に活躍できるプレゼンテーション能力、コミュニケーション能力を養成します。

学生インタビュー

自分の目で確認し、体験できる授業が、専門知識の理解に役立っています。

人間の行動や思考の仕組みに興味を持ち、心理学の幅広い分野を総合的に取り組める立命館大学の総合心理学部に進学を決めました。本学部には、さまざまな分野の最先端で活躍されている先生方がおられます。錯視研究の分野では第一人者といえる先生も所属されており、先生が準備したビジュアル教材で、目の錯覚について実際の体験を通じて理解できたことは、とても印象的でした。また生活環境を再現した生活行動実験室など、施設・設備が充実しているのも魅力です。現在は、心理学に必要な実験の基礎を学んでいます。専門知識を理解する上で役立っているのが、心理学の現象を自分で実際に体験すること。たとえば「高齢であること」を疑似体験する実験では、腰が曲がるベルト、視界がぼやけるゴーグルなどを装着してキャンパス内を歩きました。想像していた以上に怖くて、高齢の方々を見ているだけではわからないことを実感。どれだけ辛いのか、そのレベルを知って、スロープなどの必要性を痛感しました。また実験者と被験者それぞれの視点を同時に体験することで、実験する際にはどのようなことに注意すべきかを想定できる貴重な経験にもなっています。将来は心理学の学びを生かし、人々の生活や暮らしに役立つ仕事に就きたいと考えています。そのために、心理学を勉強することはもちろん、自分の視野をより広げ、グローバル社会に対応できるよう英語力も身につけたいです。

総合心理学部 総合心理学科 2回生 福井県立高志高校出身
就職状況

多角的かつ総合的に人間を理解し、グローバル化する現代社会で活躍する人材を育成。

「社会で生きる心理学」を身につけ、個性と多様性を尊重しつつ他者と協働し、問題解決に貢献する人材を養成します。

  • ◎円グラフの数値は小数点以下第二位を四捨五入により算出。
  • ◎文学部人文学科心理学専攻卒業生実績。
  • ◎進学率={進学者/(就職者+進学者)}。
    ただし、進学者には大学院だけでなくその他の進学者を含む。

2018年度 総合心理学部パンフレットダウンロード

  • 大学案内・入試ガイド 資料請求
  • 総合心理学部のWebサイトはこちら

関連するリンク

● 情報公開
● 大学院
● 留学プログラム
● 国際展開
● 研究、産学官連携
● 学生生活、就職