1. HOME >
  2. キャンパスライフ >
  3. キャンパス・学部紹介 >
  4. 食マネジメント学部(2018年開設)

キャンパスライフ

キャンパスライフ
MENU

キャンパス・学部紹介

びわこ・くさつキャンパス

食マネジメント学部

食マネジメント学科

「食」に関わる深い教養に裏づけされた、
マネジメント能力を身につける

立命館大学食マネジメント学部は、食科学の深い知見を培うとともに、高度なマネジメント能力と実践的な行動力をそなえた、食の人類的な課題解決に寄与できる人材育成を目指し、2018年4月、びわこ・くさつキャンパスに開設しました。
経済学・経営学を基盤にした、「マネジメント」「カルチャー」「テクノロジー」の3領域の総合的な学びを通じて、食の社会的なあり方や、文化的・歴史的な背景、そして自然科学的な知識を修得します。食科学という新しい学問分野を切り拓くとともに、食に関わる課題を俯瞰的かつ総合的に捉え解決し、高度にマネジメントできる人を育成します。

学部の学び

食を多面的に捉え、広く深く理解する。

人間社会に広く深く結びついている食。食マネジメント学部では、食を「フードカルチャー」、「フードマネジメント」、「フードテクノロジー」の3つの観点から多面的に捉えます。3 つの観点全てを総合的に学ぶことで、食への広く深い理解を促します。

例えば、コーヒーを提供するカフェを経営するには…

  • うまみ成分、香り、音や色彩が美味しさに繋がるメカニズムを理解し、幸福感・充実感に結び付くコーヒー作りや店の内装を考える。
  • 日本や世界各地のコーヒーの飲み方、歴史など、多様なコーヒー文化を理解し、このカフェでどんな文化を創造するのか考える。
  • 以上を踏まえて、出店場所、仕入れ、調度品、豆や機器、焙煎方法、容器、提供価格などを決定する。

このようにコーヒーやカフェへの多面的な知識と理解により、顧客に愛されるカフェを「マネジメント」することが可能になります。

食で世界を変える力をつける。

「フードカルチャー」、「フードマネジメント」、「フードテクノロジー」の総合的な学びと実社会に通じたアクティブな学びで、課題解決力・実践力を身につけます。

ガストロノミックスタディプロジェクト

企業、地方自治体や海外の教育機関などとの連携のもと、グループ活動を通じて課題を見出し、実践することで、課題解決力や、異文化理解能力、コミュニケーション能力を磨きます。

総合講義

食文化、ビジネス、地域経営、起業、ジャーナリズムのテーマで、食に関わる現場からゲストを招きます。食の持つ可能性につき視野を広げ、学部での学びが現場にどのように総合的に繋がるかを理解することができます。

想定される進路

広がる食マネジメント学部のキャリア

食に関する総合的知識・理解に基づく高いマネジメント能力を有する優位性を活かして、食マネジメント学部卒業生が活躍できる場は、食が中心となっている業種だけではありません。企業の中で食を扱う業種も含めると、期待される活躍の場は多方面に広がります。

食マネジメント学部卒業生の活躍が期待される産業として、総務省の産業分類に基づき代表的なものをあげています。

製造業 ● 食品関連製造業 食品加工業、食品製造業
● その他 調理・厨房機器
情報通信業 IT関連、放送・マスコミ、出版、広告、映像
運輸業 鉄道、航空・空港、その他物流
宿泊業,飲食サービス業 宿泊(ホテル)、外食
卸売業,小売業 ● 食品卸 総合商社、専門商社
● 食品小売 百貨店、総合スーパー、食品スーパー、コンビニエンスストア
● 小売り全般 ショッピングモール、通信販売、 アウトレットモール
金融業,保険業 銀行(都銀・地銀・信用金庫)、証券、保険
学術研究,専門・技術サービス業 経営コンサルタント
生活関連サービス業 旅行、ブライダル
医療,福祉 社会福祉、介護、保健
公務 国家公務員、地方公務員
農業,漁業 農業経営、漁業経営

食の世界で活躍する人を紹介するWebサイト

ガストロノミア

2020年度 食マネジメント学部パンフレットダウンロード

  • 大学案内・入試ガイド 資料請求
  • 食マネジメント学部Webサイト

関連するリンク

● 情報公開
● 大学院
● 留学プログラム
● 国際展開
● 研究、産学官連携
● 学生生活、就職