1. HOME >
  2. キャンパスライフ >
  3. 学部紹介 >
  4. 情報理工学部

キャンパスライフ

キャンパスライフ
MENU

学部紹介

情報理工学部

目指すのは、最先端のITを支える仕組み作り。
情報理工学の視点で社会を豊かにする技術を開発する。

情報理工学部は2004年、ITに関わる幅広い領域を網羅する国内でも最大規模の情報系学部として設立しました。新しい技術や製品をつくるために日本だけでなく多様な国々の文化や思想、宗教、習慣を知り、世界からニーズを掘り起こす必要がある今、不可欠なのが英語運用能力です。情報理工学部では、英語で授業を受ける英語専修コースを設置するほか、技術的な内容を英語で議論できる能力の修得を目標に理系のための英語プログラムを充実させています。また最先端のICTを英語で学ぶ学部独自の海外IT研修制度をつくり、アメリカ、オーストラリア、インド、中国などに学生を派遣する一方、中国の大連理工大学との共同学部を設立したのをはじめ、海外の多くの大学と提携し、留学生を受け入れています。学生たちはそうした多文化が豊かに共生するキャンパスでICTを学んでいます。

高い専門性と多角的な視野を養う7コース

情報理工学部の特長は、実社会とつながっているところです。ネットワークセキュリティや観光客防災などの研究領域で行政と連携するほか、医工連携によるロボティクスや医療に役立つ技術開発、新しいコンセプトのアプリケーションの開発など、社会と関わりながら世界にインパクトを与える研究に取り組んでいます。

4年間の学び

学部の教学理念、人材育成目的を明確に規定。

1回生では情報科学分野の全般にわたって基礎を学修し、1回生後期に各自の興味や将来のビジョンを考慮して専門コースを選択します。(※注)3回生前期に所属する研究室を決定し、後期から1年半をかけて卒業研究に取り組みます。卒業研究に取り組むことで、専門分野に関する知識を深め、自ら問題を発見し解決できる実力を身につけます。

コース紹介
システムアーキテクトコース

これまで見たこともないシステムや体験を創造できる、デジタル時代の情報システムの「建築家(アーキテクト)」となることを目指し、ハード、ソフトの基礎から、ビッグデータ解析、IoTまで情報システム技術全般の知識と、ニーズに対応したイノベーションを社会実装できる実践能力を習得します。

セキュリティ・ネットワークコース

モノ・ヒト・サービスのあらゆるものがネットワークを介してつながるIoT社会の基盤をなすコンピュータそのものと情報ネットワークの基礎技術を学んだ上で、実際の攻撃からコンピュータ・システムとそれが保有する貴重なデータを護る高度なセキュリティ技術を身につけることができます。

先端社会デザインコース

膨大なデータの分析とモデル化を行う技術、具体的な社会システム・サービスを設計・実装する技術、人々と社会・システムを高度に交流させる技術を学び、人間と情報通信技術(ICT)が共生する未来の社会・システムを創造・実現する実践的能力を身につけます。

実世界情報コース

SF映画に出てくるような未来社会の創造を目指し、人やモノどうしの界面となるヒューマンインタフェース、臨場感の高い仮想世界を体感するバーチャルリアリティ技術やミクストリアリティ技術、身の周りのモノをネットワークにつなぐIoT、機械システムの知能化を実現するロボット技術を学びます。

画像・音メディアコース

便利で楽しく快適な社会を実現するために、画像や音などの多様なメディアデータを活用する情報処理手法を学びます。また、コンピュータグラフィックス、情報の可視化、3次元画像処理、音声認識・合成、音響情報処理、信号処理などのメディア技術を高度化する研究を行います。

知能情報コース

自然現象や社会現象の計測によって得られたデータを基盤とし、データ解析、数理モデルやシミュレーションなどを運用する総合的な知識と技術を体系的に学びます。それにより、実データの取得と情報の抽出により対象を理解し、知能情報システムを工学的に実現する能力を修得します。

International Program of Information Systems Science and Engineering(情報システムグローバルコース)

In the new world of information and communication technology, where exclusively local markets are disappearing,globally-oriented technical and social skills are essential to the survival of nearly every organization and occupation. The Information Systems Science and Engineering course educates students to become professionals who would be productive members of information technology teams anywhere in the world, with the experience and knowledge to develop practical and creative solutions to new problems. Students in the program develop the information systems engineering skills necessary to work as valuable team members and as competent leaders of diverse, dynamic communities.

学生インタビュー

専門分野の学びを通して、社会に貢献できる知識と技術を身に付ける。

情報理工という分野が単体で学部になっている、数少ない大学のひとつだったため立命館大学を志望しました。またオープンキャンパスに参加した際、キャンパスや学生スタッフの雰囲気がとてもよく印象的だったのもその理由のひとつです。情報理工学部は入学後、情報科学分野全般の基礎を学修したうえで専門領域を深く学ぶためのコース選択をします(情報システムグローバルコース除く)。まず基礎的な知識を習得することで個々の知識や興味関心の幅が広がるのはもちろんですが、学びの中で入学当初とは異なる専門分野へ興味が変化しても柔軟に対応でき、将来の目標を考慮した進路選択が可能です。現在は、ハードウェアの設計や、ソフトウェア開発について学んでいます。これまで得た知識を実践に移していく実験の授業では、実際に自分で設計しプログラムを書いてロボットを動かしています。多くの授業でプレゼンテーションをする機会があり、技術的な知識とあわせてプレゼンテーション能力も高まっていると実感しています。また現代のIT業界において必須である英語運用能力を高めるためのサポートも充実しています。卒業後は大学で得た知識を活かせる職業につきたいと考えています。技術や知識で社会に貢献できる能力を得るために、今後も引き続き学習を続けるとともに、積極的に様々なことに挑戦していきたいと考えています。

情報理工学部 
情報システム学科 2回生
(※2017年度より、情報理工学部はこれまでの4学科を廃止し、1学科7コース制へ変更になります。)
大分県・大分高校出身

音とデジタルの技術で高度なバーチャルリアリティ空間を実現する。

幼少の頃からピアノに親しんできたため、入学時にはすでに音情報処理研究室で音の研究に取り組もうと決めていました。大学では、プログラミングやデジタル信号処理、音声音響情報処理などの授業を履修。学部生時代に学んだ知識と技術が、今の研究活動のベースになっています。研究室では、3次元音場再現システムの研究に取り組んでいます。これは、視覚、聴覚、触覚のバーチャルリアリティ技術を併用して、現場とは違う場所で臨場感の高い音空間を再現するシステムで、映画やゲーム、デジタルアーカイブなど幅広い分野へ応用できます。研究では、耳に入る音の方向や伝わり方、音質、響き方など人が臨場感を抱く要素の分析から、再現装置の開発までを手がけています。研究室では、学外との共同開発も活発に行っています。その一つが、ゴルフの打撃音からプレーヤーの力量を判定し、最適なクラブやボールを提案するアプリケーションの開発です。私は、このプロジェクトにおいて、研究室と共同研究者であるアメリカのスポーツメーカーをつなぐ役割を担当しており、毎週、現地の担当者と電話でのミーティングや研究の進行を行っています。非常に貴重な経験ですし、語学やプロジェクト運営の勉強にもなっています。ここで学んだ知識や経験を活かし、卒業後は、音を通じて人々の生活を楽しく豊かにできる製品を開発したいと考えています。

情報理工学研究科(大学院) 
情報理工学専攻 
人間情報科学コース 
博士課程前期課程 2回生 
山口県立山口高校出身
就職状況

情報理工学部卒業生の進路

多くの卒業生が、身につけた高度な情報技術の知識やマネジメント能力、プレゼンテーション能力を、社会とつながりの深いさまざまな分野で活かしています。

【2015年度卒業生・大学院修了生 就職先一例】

●アクセンチュア(株)●(株)エヌ・ティ・ティ・データ●(株)NTTドコモ●オムロン(株)●川崎重工業(株)●キヤノン(株)●京セラ(株)●KDDI(株)●セイコーエプソン(株)●ソフトバンク(株)●ソニー(株)●中部電力(株)●TIS(株)●(株)ディー・エヌ・エー●(株)デンソー●東海旅客鉄道(株)(JR東海)●(株)東芝●凸版印刷(株)●トヨタ自動車(株)●西日本電信電話(株)(NTT西日本)●日本電気(株)(NEC)●日本アイ・ビー・エム(株)●パナソニック(株)●(株)日立システムズ●(株)日立製作所●富士重工業(株)●富士ゼロックス(株)●富士通(株)●本田技研工業(株)●三菱自動車工業(株)●三菱電機(株)●(株)村田製作所●ヤフー(株)●楽天(株)●ローム(株)●国家公務員一般職 〈50音順〉

より詳しい学部の学びやカリキュラム、卒業生インタビューは大学案内でご覧ください。

  • 大学案内2017を資料請求する
  • 情報理工学部のWebサイトはこちら

関連するリンク

● 情報公開
● 大学院
● 留学プログラム
● 国際展開
● 研究、産学官連携
● 学生生活、就職