1. HOME >
  2. キャンパスライフ >
  3. 学部紹介 >
  4. 生命科学部

キャンパスライフ

キャンパスライフ
MENU

学部紹介

生命科学部

ライフサイエンスの可能性を拡げ、
人類が直面している地球規模の問題を解決。

生命科学は総合科学です。あらゆる科学の領域を含み、研究対象やテーマに応じて、多様な科学の知識を活用します。扱うべき領域は1つの分野には収まらず、物理学、化学、生物学、工学、医科学、情報科学全体に広がります。立命館大学の生命科学部では、総合大学の特質を活かした学問領域を超えた学びが可能で、幅広い視点から生命科学を探究することができます。新素材、医薬、細胞、微生物、人体、生態系、環境まで多岐にわたる対象をもつ生命科学のフィールドは、今後さらなる拡がりを見せると考えられ、それぞれの学科の特性を活かして専門的な知識を身につけるとともに、他の学科からも知識や技術を吸収することが可能となります。

自然や生物との共生の道を切り拓く総合的な学問領域

生命科学の基盤となる新しい機能をもつ新規化合物や医薬・農薬の創成を目指す「応用化学科」、生化学やバイオテクノロジーを基礎として新たな領域を担う「生物工学科」、情報科学・コンピュータを駆使し、生命科学全体を対象として研究を展開する「生命情報学科」、分野・領域を超えたさまざまな手法を用いて健康・予防医学を追究する「生命医科学科」の4学科を設置。

学科紹介
応用化学科

現代化学の理論と技術を駆使して、現代的課題に原子・分子レベルからアプローチ。

私たちは実にさまざまな物質に囲まれて生活しています。そして、これらの物質はすべて原子・分子から成り立っています。化学は物質の構造や性質、反応を原子・分子レベルで解明すること、さらに新しい物質や反応を構築していくことを目的としています。例えば、現在、私たちは生活に必要なエネルギーの多くを有限な化石燃料でまかなっていますが、化学によって創り出される高機能性材料は代替エネルギー源の開発に重要な役割を担っています。また、私たち人間を含めて生物体はたんぱく質、核酸、脂質、糖質といった生体分子から成っており、化学の研究手法で生体分子とそれに関連する生体反応について探究することができます。化学は、私たちの生活を豊かにする材料科学の基盤技術として、また生命の神秘に迫る生命科学の基盤技術として大きな役割を果たしています。応用化学科では、原子・分子レベルの理論と技術を駆使した現代化学を展開しています。材料・エネルギーなどを対象とする応用化学コース、生体物質などを対象とする生命化学コースで、材料・エネルギー・環境問題など、社会の重点課題に挑みます。

生物工学科

バイオテクノロジーを通して、食料、資源・エネルギー、環境の諸課題に挑む。

かけがえのない自然環境を保全・修復して次代に伝え継ぎ、安全・安心な持続的社会を実現するためには、食料、資源・エネルギー、環境分野の諸課題について、効果的な解決策を提示することが不可欠です。そのために、化学的素養を備え、環境と生物、生物の多様性と相互作用、さらには人間社会との関連性を理解し、生物のもつ力を有効に活用できる人材が必要とされています。生物工学科では、時代のこうした要請に応えるべく、生物の有する素晴らしい特性を解き明かすとともに、その特性を活かした技術を産業・工学に応用する「バイオテクノロジー(生物工学)」を専門的に研究しています。
生物工学科は、化学、生化学、生物学、微生物学などの専門知識を養い、生物の構造・機能を支える化学的基盤の理解のうえに、環境、食糧、バイオエネルギー、医療など、多様な分野にわたる学びと研究を通じて、安心・安全で持続可能な社会の実現に向けて活躍する有為な人材の育成を目指します。

生命情報学科

ゲノム情報を集める生命科学からゲノム情報を活かす生命科学へ。

人間は約60兆個の細胞から成る集合体です。そして個々の細胞もDNAをはじめとした膨大な数の分子から成り立っています。すなわち細胞というミクロの世界から生物個体というマクロの世界までを機能的に統合した巨大システムが生命体ということになります。このように巨大な生命システムの研究にはコンピュータの活用が必要不可欠です。生命科学において、コンピュータを活用し、新しい概念の創生や法則の発見を目指す学問は生命情報学と呼ばれます。
本学科では生物基礎実験、生化学実験、分子生物学実験など学部共通の実験科目で生命科学の実際の手法を修得するとともに、分子からゲノム、タンパク質、さらには生物個体に至る各分野のコンピュータ解析手法を講義と実習で学びます。卒業研究では、これまでの知識と技術を駆使して、シアノバクテリア、粘菌、線虫などの単細胞微生物から代表的多細胞体である人間に至るまでのシステムとしての生物そのものの研究や、新薬開発に向けた分子設計、心臓メカニズムの研究など、医学・薬学の基礎研究に取り組みます。そして21世紀の生命科学の世界で真に活躍できる人材の育成を目指します。

生命医科学科

基礎医学・予防医学の研究により、人類の福祉に貢献することを目指す。

現代に生きる私たちは、科学技術のさまざまな恩恵を被り、便利で快適な暮らしを送る一方で、健やかに生きるために解決しなくてはならない多くの問題に直面しています。とりわけ、地球環境の変化にともなう未知の感染症の発生、人口の高齢化にともなう老年病の増加、癌や生活習慣病のリスクの増大など、私たちの健康に直接関係する問題への対応が求められています。こうした状況のなか、生命医科学科では基礎医学・予防医学を重視した医科学教育・研究を展開しています。ヒトの複雑かつ精緻な生命現象を探究することで、「健康とはどのような状態か?」「どのような原因やメカニズムで病気になるのか?」など、生命と医療の根源的な問いにアプローチし、その成果に基づいて新しい疾病予防法、診断法、治療法の開発を進めます。さらに、基礎研究の成果を、迅速に社会生活に役立てることができる医療システムの開発にも挑戦します。幅広い学びと発展的な研究を通じて生命現象に対する理解を深め、人体の構造や機能、医療について知識と理論を修得し、科学的な基盤に立って生命の根幹を理解し、人類の福祉の向上に貢献できる人材の育成を目指します。

学生インタビュー

広く世界で役立つ薬を多くの人々に届けたい。

立命館大学の生命科学部・生命医科学科では、医療に関する研究ができるという点でとても魅力を感じました。もともとは薬学部への進学を考えていましたが、将来的に薬を扱う仕事がしたいと考えていた私にとって、医学の視点からヒトの健康にアプローチできる生命医科学科が最適ではないかと思い受験しました。生命科学部では、主に人体における病気や効果のある薬、さらには、さまざまな酵素について学んでいます。学びを深めるなかで、日常生活における病気や世界中に広まっている病気、人々が口にする薬とその効果についてもっと深く知りたいと思うようになりました。その他にも私自身の変化としては、継続的に学習する習慣が身に付きました。勉強することはもともと嫌いではありませんでしたが、それ以上に周りの仲間がとても勉強熱心で影響を受けたのがきっかけです。意識の高い仲間とともに学習することで、さらに勉強することの面白さや楽しさを知ることができました。また、苦手だった英語についても、授業を通して英語で話すことの難しさや楽しさを学び、語学運用能力だけでなくプレゼンテーション能力を身につけることができました。卒業後は製薬会社に勤務する予定です。世界中の人々の力になれる仕事がしたいという幼い頃からの想いを叶えるために、より深い知識を得て効果のある薬を多くの人々へ届けたいと思っています。日本にとどまらず、世界中の国々へ行き多くの人々とコミュニケーションを取りながら、自分自身の視野を広げていくことが、今後の目標です。

生命科学部 
生命医科学科 4回生
大阪府立三国丘高校出身

植物の品種改良を通じて、世の中に貢献できる仕事をしていきたい。

小さい頃から生き物が好きで、高校では生物が最も興味のある科目でした。地元を飛び出して、もっと広い社会を知りたいという思いもあり、関西圏で専門的に生物を学ぶことができる生物工学科に入学しました。現在は、植物の酵素であるエンド-β-マンノシダーゼについて研究しています。動植物を含め、生体細胞内の酵素には、生命活動において大きな役割を果たしている糖鎖の結合を認識して各糖に分解する機能があります。しかし、この酵素は植物内にしかなく、また人工的に生成した糖鎖には反応せず、植物体内にあるものだけに反応するという特異的な性質があります。そのシステムの解明にあたり、私はこの酵素を大量に発現させる方法を研究しています。その方法を発見するためには、遺伝子組み込みや培養方法など必要な情報を調べ、実験を重ねるしかありません。与えられた研究の成果を残したいという責任感から、当時は焦りの気持ちが募り、悩みました。そんな時に力になったのが、知見の深い先生や先輩方の意見です。実験方法を構築するのは私自身ですが、自分にはない視点や知識を持つ者から学ぶことの大切さを実感しました。私の研究内容は基礎研究のため、成果が直接的に社会へ応用できるとは限りませんが、自分自身でさまざまな知識を学び、新しいことを発見、解明していく研究活動の楽しさは、日々実感しています。卒業後の一番の目標は、種苗会社で研究開発職に就くことです。品種改良によって、野菜が嫌いな子どもでも食べることができる野菜を開発する。世の中のあらゆる場面に貢献できる仕事を成し遂げたいと思います。

生命科学研究科 
生命科学専攻 生物工学コース 
博士課程前期課程 2回生 
埼玉県立川越高校出身
就職状況

生命科学部卒業生の進路

製薬、健康、情報、環境など、人々の暮らしに関わる分野で多くの卒業生が活躍しています。

【2015年度卒業生・大学院修了生 就職先一例】

【応用化学科】
●アステラス製薬(株)●京セラ(株)●(株)クラレ●積水化学工業(株)●大日本印刷(株)●武田薬品工業(株)●東洋紡(株)●トヨタ自動車(株)●ロート製薬(株)

【生物工学科】
●大阪ガス(株)●カゴメ(株)●(株)カネカ●サンスター(株)●(株)東芝●凸版印刷(株)●日本ハム(株)●三菱自動車工業(株)●森永乳業(株)

【生命情報学科】
●シミック(株)●タカラバイオ(株)●デュポン(株)●東芝メディカルシステムズ(株)●(株)日立製作所●富士通(株)●三菱電機(株)●ユニ・チャーム(株)●教員

【生命医科学科】
●旭化成ファーマ(株)●イーピーエス(株)●小林製薬(株)●サンスター(株)●高砂香料工業(株)●田辺三菱製薬(株)●ライオン(株)●ロート製薬(株)●地方公務員(上級職)

〈50音順〉

より詳しい学部の学びやカリキュラム、卒業生インタビューは大学案内でご覧ください。

  • 大学案内2017を資料請求する
  • 生命科学部のWebサイトはこちら

関連するリンク

● 情報公開
● 大学院
● 留学プログラム
● 国際展開
● 研究、産学官連携
● 学生生活、就職