1. HOME >
  2. キャンパスライフ >
  3. キャンパス・学部紹介 >
  4. 薬学部

キャンパスライフ

キャンパスライフ
MENU

キャンパス・学部紹介

びわこ・くさつキャンパス

薬学部

薬学科(6年制)/創薬科学科(4年制)

高度化・多様化するフィールドに対応し、
目指す進路に合わせて学べる2学科体制を採用

立命館大学薬学部では、「薬を創る」、「薬の作用を理解する」、「薬を正しく使う」という3つのカテゴリーを将来の進路に合わせて学び、薬学のエキスパートとして社会で活躍できる人材を養成するために、従来の6年制薬学科に加え、2015年度より4年制創薬科学科を開設しています。「薬の作用を理解する」というカテゴリーは、薬学科・創薬科学科ともに共通して学び、薬がなぜ効果を示すか、生物、化学的視点から理解を深めるとともに、個々の薬の特徴をしっかり習得できる多くの科目が準備されています。薬学科では医療人として「薬を正しく使う」分野・領域を学び、薬の知識だけでなく、医療人としての高い知識と豊かな人間性を備え、医療現場で必要となる研究マインドを持った薬剤師を育成します。一方、創薬科学科では、人類に貢献できる発見を生み出すために「薬を創る」分野・領域を深く学びます。高度な専門知識と研究力を有し、企業や研究機関で国際的に活躍できる人材の育成を目指しています。

4年間の学び

薬学部では、6年制薬学科と4年制創薬科学科の両分野が融合的に展開しながら、これからの薬学の発展に寄与する事をめざし、2学科体制で薬学教育を行っています。低回生次は、両学科ともに、数学や物理学、化学などを学び、科学的な思考力を育成し、土台を築きながら、化学系薬学・生物系薬学・医療系薬学といった専門科目へと進んでいきます。4回生次以降は、薬学科は臨床薬学、創薬科学科は大学院進学を目指して「薬を創る」分野を重点的に学び、それぞれの進路へむけた専門的知識の修得と実践を深めます。

学科紹介
薬学科(6年制)の学び

▼ 1・2回生から薬剤師や薬品に関わる仕事を体験して、将来のビジョン形成につなげる

入学後は事前学習を経て、全員が企業・病院・薬局の3施設を訪問します。薬剤師が活躍するさまざまな職場を見学・体験することで、薬学部生としての意識と大学6年間の学習意欲を高めます。1回生では、薬剤師に必須のコミュニケーション能力を培うための第一歩として「コミュニケーション演習」を履修します。また、2回生では医療人である薬剤師に求められる倫理観などを身につけることを目指して、「薬学応用演習」を履修します。

▼ 約5カ月間の病院・薬局での実務実習を通じて薬剤師の仕事や責任を学ぶ

4回生後期からは学内の模擬薬局内で「実務前実習」を受講します。臨床経験の豊富な教員の指導のもと、薬剤師としての行動や倫理観について実践を通して学びます。また4回生後期にある「薬学共用試験」に合格した学生は、5回生から病院・薬局でそれぞれ2.5カ月、計5カ月にわたり「病院・薬局実務実習」を体験します。医療現場の第一線で求められるスキルや役割、薬剤師として相応しい技能や態度についても学びます。

▼ 6年間の学びと研究の集大成

6回生次には、3回生後期より3年間実施する「卒業研究」の成果を卒業論文にまとめ発表します。「卒業研究」では臨床に関連するテーマに取り組み、問題解決能力と研究マインドを身につけます。また、6年間の学びについて総合的に理解を深めるため、「薬学総合演習」を開講しています。薬学部全専任教員による講義・演習で、入学時からの学習内容を復習することができます。医療現場で必要となる知識・技能を確実に修得して卒業します。

創薬科学科(4年制)の学び

▼ 研究者としての将来ビジョンを形成する

「創薬科学基礎演習」では、小集団でのグループ討論を通して、製薬企業や研究機関における仕事や研究について調査・議論します。その後、企業や研究機関を訪問して創薬のプロセスや研究機関の役割について学び、結果をまとめてプレゼンテーションを行います。

▼ 創薬に直結する専門科目の履修

専門科目に医療系薬学科目が加わり、各専門科目をバランスよく学習します。「医薬品化学実習」などの創薬に直結する専門的な実習にも取り組みます。科目選択の参考として化学系創薬研究者、生物系創薬研究者、臨床開発・医薬情報担当者の3つの履修モデルを設定しています。モデルに沿って履修することで将来の進路を見据えた確かな知識・技能を修得します。また、3回生後期からは各自研究室で、関心あるテーマに沿って卒業研究に取り組みます。

▼ より高度な研究を目指して

卒業後は多くの学生が大学院(創薬科学系の大学院を設置構想中)に進学し、「薬を創る」分野・領域をより深く学び、高度な専門知識と研究能力を身につけ、企業や研究機関におけるグローバル人材として活躍することが期待されます。大学院博士課程前期課程では、専門英語、1ヶ月程度の海外研究機関での研修、国内外の研究機関・研究者との交流など、研究者として成長するための科目を配置します。

学生インタビュー

興味のある免疫学や感染制御には、授業以外の自主的な取り組みも。

さまざまな学部を備えた総合大学で、異なる考えを持つ仲間と交流しながら創薬について学べるところに魅力を感じて立命館大学を志望しました。創薬に持っていたのは化学のイメージでしたが、1回生の「創薬研究概論」で大きく視野が広がりました。体の持つ本来の機能を知るのは生物の分野、生体と医薬品との相互作用を調べるのが物理の分野です。一見かけ離れた分野同士が密接に関係していることを知り、感動を覚えました。免疫学、感染制御については授業を受けるだけでなく、専門書を読みノートにまとめて自主的に勉強。抗原をピンポイントで攻撃でき副作用が少ない抗体医薬品には、世界的にも注目が集まっていて、特に面白さを感じています。また、英語に触れる機会が充実しているため、長文の記述力や読解力、プレゼンテーション力がつきました。こうした力は、研究室配属後に海外の論文を参考にしたり、英語で論文を書いて発表したりするのに生かせます。プライベートでも長期休暇には海外へ。大学入学以来、11か国に行きました。旅行先では必ず薬局に寄ります。どういう地域がどんな環境にあるか、日本がいかに衛生的に優れているのかわかり、世界に健康な人を増やしたいと思いました。これからも研究を続け、将来は大学で研究室を持って、専門分野を教えながら新薬開発の手がかりとなるような成果を挙げ、社会に貢献するのが目標です。

薬学部 創薬科学科 3回生 
京都市立西京高校出身
就職状況

医薬品等を通じて人の生命や健康に関わる使命感や倫理感を持ち、
人類の健康と幸福に貢献し、グローバルに活躍できる人材を育成。

創薬科学科の想定される主な進路

創薬科学科の卒業生は、創薬・製薬分野での研究・開発職としての活躍はもちろん、化学・化粧品・食品メーカーや商社、医療系の行政機関におけるニーズも高く、進路の可能性が多岐にわたります。

■創薬・製薬関係

医薬品関連は将来性のある知識集約型産業です。研究・開発、製造、薬の情報を医療機関へ提供するなど幅広い活躍の場が見込まれます。

■化学・食品関係

食品、化粧品、化学関連メーカーや商社などにおいて、薬学の知識をもった人材が求められており、今後一層多方面での活躍が期待されています。

■研究・教育機関

研究機関や大学において、薬学の研究や教育を行います。薬学は幅広い分野をカバーするために研究対象も多様です。

  • ※創薬科学科(4年制)では薬剤師国家試験の受験資格を得ることはできません。
  • ◎円グラフの数値は小数点以下第二位を四捨五入により算出。

2018年度 薬学部パンフレットダウンロード

  • 大学案内・入試ガイド 資料請求
  • 薬学部のWebサイトはこちら

関連するリンク

● 情報公開
● 大学院
● 留学プログラム
● 国際展開
● 研究、産学官連携
● 学生生活、就職