1. HOME >
  2. キャンパスライフ >
  3. キャンパス・学部紹介 >
  4. スポーツ健康科学部

キャンパスライフ

キャンパスライフ
MENU

キャンパス・学部紹介

びわこ・くさつキャンパス

スポーツ健康科学部

スポーツ健康科学科

スポーツと健康を科学的・先進的に学ぶ。

スポーツ健康科学部では「人」をテーマにさまざまな研究に取り組むことができます。「人」の最小単位である細胞や遺伝子から、臓器、人体、さらに「人」の集合体である集団まで、社会の幅広い課題について、多様な学問分野を連携させ、科学的に解決策を導き出していきます。スポーツ健康科学部が目指すのは、グローバルな視野とリーダーシップを備え、スポーツ健康科学を理解し社会に貢献できる人材の育成です。これは、国際的視野をもって自らの学びを実践し、豊かな社会の実現に力を発揮できる人のことです。また、責任をもって自らのミッションを果たし、チームのプロジェクトを先導していける人を指します。こうした人材育成目標に向け、スポーツ関連企業や行政組織、海外施設などにおける「インターンシップ」も実施しています。びわこ・くさつキャンパス(BKC)には、充実した最先端機器があり、理論として学んだことを、実験などを通して確かめることができる環境が整っています。さらに、諸分野に関係する研究力の高い教員の指導により、総合的・学際的な視点でしっかりと学ぶことができます。スポーツ健康科学の学びから得た知識や技術は卒業後、幅広い世界で活かすことができ、社会へ羽ばたいた卒業生もさまざまな分野で今後の活躍が期待されています。

学部の学び

「遺伝子」から「社会」まで、「運動」と「健康」を軸にして人間を科学する

系統的なカリキュラムのなかに、多様な関心や目指す進路に対応した4コースを用意。1・2回生ではスポーツ健康科学の基礎的な科目を学び、3回生から各コースに分かれて専門的な学修を深めます。

スポーツ科学コース

科学的に競技力向上を目指す

自然科学的な観点からスポーツを理解するとともに、その理論を実践に活かすスキルを学びます。

  • 生理学
  • トレーニング
  • 運動メカニズム
  • バイオメカニクス
健康運動科学コース

健康の維持・増進を図る

健康の維持・増進のために、運動の役割を理解し、健康に関わるプログラムを学びます。

  • 運動処方
  • 健康増進
  • スポーツ医学
  • 生活習慣病予防
スポーツ教育学コース

保健体育の指導法を探る

保健体育教員、競技スポーツや健康教育の指導者に関わる指導スキルを身につけます。

  • コーチング
  • 学校保健・体育
  • スポーツ心理学
  • スポーツ栄養教育学
スポーツマネジメントコース

組織の運営を学ぶ

スポーツ健康関連組織の理解を深め、組織内でリーダーシップ、コーチング力を発揮できる力を身につけます。

  • スポーツメディア
  • スポーツサービス
  • スポーツ組織運営
  • スポーツマーケティング
4年間の流れ

学部の4年間の学びを通して、社会で活躍するための基礎力を養成する

課題発見・解決能力、チームワークを養いながら、リーダーシップを発揮する力量などを身につけます。

  • ※リテラシー能力:さまざまな分野において、必要な情報を理解・整理して活用する能力
学生インタビュー

大好きなスポーツを多角的に学ぶうち、健康への意識も高くなりました。

子どものころからスポーツが大好きで、この分野に興味を持ちました。オープンキャンパスで説明を聞き、体験授業に参加したところ、素晴らしい先生方が揃い、設備が整っているところに魅力を感じ、立命館大学のスポーツ健康科学部を志望しました。特に興味を持った授業は、競技パフォーマンスをより高めるためのトレーニング方法を学ぶ「トレーニング科学」です。たとえばマラソン選手などが実践する低酸素トレーニングであれば、低酸素実験室を使ってトレーニングの影響を確認します。どんなトレーニングが、どういう目的で行われ、どのような効果を得るために行われているのか知ることができました。また、私自身が女子ラクロス部に所属しているので、日々の練習トレーニングにひきつけて学ぶこともでき、大いに刺激を受けました。また「スポーツ栄養学」では、試合前にどんな栄養を摂取し、何を控えるべきかといった栄養管理を学びました。普段から健康を維持するための栄養についての理解にもつながり、生活習慣病を予防・改善する方法など、スポーツをする人だけでなく誰にでも役立つ内容ばかり。スポーツだけでなく、健康についても一層深く学びたいと考えるようになり、さらに自分の健康についても意識が高まりました。将来の目標はまだ絞ってはいませんが、アスリートのサポート、健康につながる運動指導、サプリメントの商品開発などに関連する仕事ができればと考えています。

スポーツ健康科学部 スポーツ健康科学科 3 回生 長野県立松本深志高校出身
就職状況

確かな専門知識とグローバルな視野を備えた人材には、多様な進路が広がっている。

  • ◎円グラフの数値は小数点以下第二位を四捨五入により算出。
  • ◎進学率={進学者/(就職者+進学者)}。
    ただし、進学者には大学院だけでなくその他の進学者を含む。

2018年度 スポーツ健康科学部パンフレットダウンロード

  • 大学案内・入試ガイド 資料請求
  • スポーツ健康科学部のWebサイトはこちら

関連するリンク

● 情報公開
● 大学院
● 留学プログラム
● 国際展開
● 研究、産学官連携
● 学生生活、就職