1. HOME >
  2. キャンパスライフ >
  3. キャンパス・学部紹介 >
  4. 産業社会学部

キャンパスライフ

キャンパスライフ
MENU

キャンパス・学部紹介

衣笠キャンパス

産業社会学部

現代社会学科現代社会専攻/メディア社会専攻/スポーツ社会専攻/子ども社会専攻/人間福祉専攻

「現代化」「総合化」「共同化」を掲げ、
現代社会の問題解決を目指す

産業社会学部の創設は1965年、社会学系では国内有数の歴史と規模を誇る学部です。産業社会学部における「現代社会専攻」「メディア社会専攻」「スポーツ社会専攻」「子ども社会専攻」「人間福祉専攻」という5つの専攻は、それぞれに独自のカリキュラムを展開しています。探究の過程においては各専攻の壁を越えて多彩なテーマを学ぶことも可能です(クロスオーバー・ラーニング)。たとえば地域の再生という課題では、経済・文化・教育・福祉・地域・家族など関連の分野を幅広く取り入れた総合的なビジョンを持つ必要があります。専攻ごとの研究を有機的に関連付けるクロスオーバー・ラーニングは、このように複雑な現代的課題に対応するために、極めて有効なシステムなのです。産業社会学部の学生は、フィールドワークを通じて地域社会の人々や組織とつながり、日々経験を重ねます。さらに地域はもとより日本、世界へと視野を広げるなかで現代社会が抱える諸問題を捉え、自らの研究テーマを見出し、掘り下げていきます。自ら考え、自ら行動する力を身につけることができる、それが産業社会学部の魅力です。

学部の特色

高い専門性と多角的な視野を養う5専攻

異なる視点から見つめ考えることで、現代社会の複雑で多様な問題の実態が見えてくる。

専攻紹介
現代社会専攻

現代社会の課題に3つの視点から迫り、真に豊かな未来を探究する

自然環境と経済活動の調和を目指す「持続可能な社会」の創造や公共空間の再生、社会倫理や国際ネットワークの構築といった様々な課題に、3つの領域からアプローチし、真に豊かな社会を実現するための方法を探究します。社会形成領域では、政治・経済・労働など社会の骨格についての論理を学び、さまざまな場面で社会変革を推進、管理できる力を養います。社会文化領域では、人間・文化・社会についての論理的思考を柱として、新しい生活規範を創出していきます。また、環境社会領域では、持続的社会の形成を目指し、自然環境の保全のみならず、住みよい社会環境の創出に主体的に関わるための力を培います。いずれの領域でも、文献学修だけでなく、フィールドワークにも積極的に取り組みます。

ファシリテーターとして地域の人々と信頼を築き、問題発見とその吟味、解決策を探究
メディア社会専攻

メディアの機能・役割について学び、社会とのよりよい関係を創出する。

メディア社会専攻では、社会とメディアとの「よりよい関係づくり」を目指します。新聞や放送などの社会的機能やインターネットに至る発展と歴史、またマンガや広告といった文化など、メディアと社会の関わりについて学び、各種メディアが果たすべき役割や責任について考察します。さらに情報を的確に読み解く力や発信するためのスキルも養います。現代社会におけるメディアの機能を検証する「メディア社会」、メディアと人との関わりに注目する「市民メディア」、映画、マンガといった文化としてのメディアを学ぶ「メディア文化」という3つの領域を設定しています。自分の関心や進路の希望に合わせて、1つあるいは複数の領域から多角的に学ぶことが可能です。

教室での学びと連動したメディア制作実践
スポーツ社会専攻

心豊かで健康な人間社会のために、スポーツや余暇のあり方を考察する。

余暇の過ごし方や健康管理に対する関心が高まるなか、豊かな人間生活の実現のためにスポーツに注目し、活用しようという動きが顕著になっています。スポーツは私たちの生活や社会と密接に結びつき、産業の一分野として飛躍的に成長しています。スポーツ社会専攻では、社会や生活におけるスポーツの役割や、余暇、健康との関わりについて多角的にアプローチしていきます。公的機関や民間企業、ボランティアの立場から文化としてのスポーツや余暇に対する知見を深め、豊かな社会を実現する方法を模索します。基盤となるスポーツ理論の学習に加え、現地調査などを取り入れた実践的な授業を展開。海外研修なども活用しながら、社会でスポーツをマネジメントしていく力や余暇の新たな可能性を見出す力を養います。

社会におけるスポーツの役割を学ぶ海外短期研修プログラム
子ども社会専攻

現場で子どもたちと関わりながら、これからの学校教育について考える。

子どもの貧困や経済格差による学力格差など、教育現場には解決を急務とする課題が山積しています。子ども社会専攻では、発達や心理をはじめとする領域から子どもを理解することはもちろん、メディアや生命倫理、環境といった多様な視点から子どもを取り巻く社会環境について考察を重ねます。小学校教員養成課程を設置しており、子どもに関わる幅広い科目と教職科目の両方を履修できることが特長です。グローバル教育や小学校英語教育の学修も可能です。少人数での学びをもとに、これからの教育と社会を担う人材であり、専門的な知見を有した「子どものスペシャリスト」の育成を目指します。

地域の子どもたちと学生の交流の場をデザインする専攻企画
人間福祉専攻

福祉マインドを養い、人間らしく生きられる社会づくりに貢献する。

「福祉」というテーマに対し、「福祉社会」、「人間発達」、「福祉テクノロジー」という3つの領域からアプローチします。政治や社会、経済といったマクロな視点と、生活や発達、悩みや困難といった人間そのものを捉える2つの視点から問題に迫ります。誰もが人間らしく生きられる社会づくりに不可欠な意識や姿勢を身につけ、福祉マインドを培って社会のさまざまな場面で活躍するための実践的な知識・技能を修得します。また、社会福祉士といった高度な専門資格の取得もサポートしています。まずは身近な問題意識から自分の視点を見定め、将来を見据えて専門性を高めていきます。

福祉課題についてグループで調べて発表し、議論する
学生インタビュー

施設の調査研究を通して、他者の立場にたって物事を考える大切さを実感。

社会学に興味を持ったのは、多くの人が気に留めないようなことにも光を当てて、理論的に考え、客観的に捉え直すことができる学問だと感じたからです。なかでも立命館大学の産業社会学部は、メディア、スポーツ、子ども、福祉といった多彩な切り口で学べるところが魅力でした。身近に発達障がいの方とふれあう機会があったことから「人間の発達」がテーマのゼミを選択。発達に遅れのある子どもが通う施設でフィールドワークを実施し、その施設でどんな取り組みがあり、どのような効果をもたらしているのかを調査しました。子どもたちと遊び、先生にお話を伺うなかで「子どもや先生はどんな気持ちなのか」「どうすればもっとよくなるのか」について考え、その人の立場になって物事を考えることの大切さをかみしめました。産業社会学部には、こうした研究の成果をプレゼンする大会があります。大会には100近いグループが参加し、さまざまな研究成果を発表します。私は大会を主催する学生団体に1回生から所属しています。主催者の立場で、先輩の発表や質疑応答、先生による講評にふれてきたことが、研究に取り組むうえで、いい刺激になっています。将来は、自分のしたいこと、自分にできることは何なのかを十分に吟味し、人の役に立つことに取り組みたいと考えています。

産業社会学部 現代社会学科 現代社会専攻 4回生 岐阜県立大垣北高校出身
就職状況

培った実践力が社会で生きる。

社会学の学びや多彩な個性との触れ合いで得た幅広い視野と課題発見・解決能力を生かして、多くの卒業生が社会で活躍しています。

  • ◎円グラフの数値は小数点以下第二位を四捨五入により算出。
  • ◎国際インスティテュート含む。
  • ◎進学率={進学者/(就職者+進学者)}。
    ただし、進学者には大学院だけでなくその他の進学者を含む。

2018年度 産業社会学部パンフレットダウンロード

  • 大学案内・入試ガイド 資料請求
  • 産業社会学部のWebサイトはこちら

関連するリンク

● 情報公開
● 大学院
● 留学プログラム
● 国際展開
● 研究、産学官連携
● 学生生活、就職