1. HOME >
  2. キャンパスライフ >
  3. 卒業生インタビュー >
  4. 情報理工学部・情報理工学研究科2

キャンパスライフ

キャンパスライフ
MENU

卒業生インタビュー

Profile

パナソニック株式会社(オートモーティブ & インダストリアルシステムズ社)
理工学研究科 情報理工学専攻 人間情報科学コース(現:情報理工学研究科)2011年修了 
情報理工学部 2009年卒業

大学で画像処理について研究する中で、製品開発に不可欠なソフトウェア設計スキルを身につける。世界中の人々の生活向上のために働きたいと考え、パナソニック株式会社に入社。現在は、ソフトの大規模化や複雑化への対応が求められる車載情報システムを、より効率的に開発していくための基盤システム設計を担当。

車社会の在り方を変えるような製品を開発し
社会をより便利に豊かに。

自動車メーカー向けカーナビゲーションシステムのプラットフォーム開発を担当しています。この仕事を選んだのは、学部の専攻である画像処理のスキルを活かしたいと考えたからです。研究室の仲間と画像処理アルゴリズムコンテストに挑戦し、画像中の物体数の自動計測プログラムを設計した経験も、現在の商品開発に求められるスキルの習得につながりました。大学院生時代には中国の大連理工大学との交流にも参加。大きな課題を解決するには、全員で協力すること、そしてコミュニケーション能力が重要であることを学びました。技術開発やグローバルなワーキングスキルの習熟を目指し、今も日々の学習を心がけています。

車の未来を創造する
現在でも続く課題解決のための学び。

自動車及び周辺の情報システムにはまだ多くの成長の余地があります。ADASやIoT、自動運転の言葉は未だ一般的には聞きなれない言葉ですが、5年後10年後は車がインターネットに繋がる事はもちろん、車載情報を活用したサービスを利用する生活が当たり前になっているでしょう。それらの実現への課題解決のため、日々、技術開発やグローバルな仕事スキルの学習を心がけています。

学生一人一人が自由に個性を活かして学べる
「考えるきっかけ」を与えてくれる学習環境が魅力。

立命館大学には文系・理系合わせて多くの学科があり、他分野の学生と交流できる機会が豊富にあります。またキャンパスでは多くの留学生が共に学び、留学制度も充実している点など、国際的な知見で考えるきっかけを与えてくれる大学でもあります。多様な個性を持った学生一人一人が自由に自分自身を活かせる環境があり、学びたい事を支援してくれる、そういった点が立命館大学の魅力です。

2019年度 情報理工学部パンフレットダウンロード

  • 大学案内・入試ガイド 資料請求
  • 情報理工学部Webサイト

関連するリンク

● 情報公開
● 大学院
● 留学プログラム
● 国際展開
● 研究、産学官連携
● 学生生活、就職