1. HOME >
  2. キャンパスライフ >
  3. 卒業生インタビュー >
  4. 文学部1

キャンパスライフ

キャンパスライフ
MENU

卒業生インタビュー

Profile

伊藤忠商事株式会社 食料カンパニー食品流通部門食品流通部
文学部 2009年卒業

2004年、立命館大学文学部入学。2007年、カナダのバンクーバーに1年間留学し、インターンシップを体験。サークル、アルバイト、中国文学のゼミ、すべてに全力で取り組んで2009年、卒業。同年、伊藤忠商事株式会社に入社。2016年、中華人民共和国浙江省杭州に語学留学。2016年9月、東京に異動して現在の部署へ。

学生時代に海外の文化とビジネスを吸収。
OBとの交流を糧に、誰もが驚く新事業を。

大学時代、カナダ留学中に世界でも類を見ないギンダラの養殖、輸出を試みるプロジェクトのインターンシップに参加しました。総合商社を志望したのは、そうしたダイナミックな事業展開を目の当たりにして、私も世界をかけめぐり、新しい挑戦がしたいと考えたからです。現在は食品流通部門に所属。大手コンビニエンスストアに向けた新商品の提案、知られざる食材の販路拡大など、仕事の領域は多岐にわたります。中国出張の際は、授業で触れた中国の歴史や考え方がとても役立ちました。また、食品業界には立命館大学のOBが多く、卒業後に出会った先輩方との交流は、私の財産。これからも「世の中をアッと驚かせるような仕事」をするために視野を広くアンテナを張り、失敗を恐れず挑戦し続けます。

苦しい日々も乗り越えらる自信。
すべては学生時代の経験から言えること。

立命館大学の最大の魅力は多様な地域から集まる「人」です。私自身も福岡県の出身ですが、立命館大学では地元に留まっていては出会うことのできなかった、たくさんの仲間と出会うことができました。彼らと出会い、交流の中で得たことは、現在の私にとってかけがいのない財産と言えます。

2019年度 文学部パンフレットダウンロード

  • 大学案内・入試ガイド 資料請求
  • 文学部Webサイト

関連するリンク

● 情報公開
● 大学院
● 留学プログラム
● 国際展開
● 研究、産学官連携
● 学生生活、就職