1. HOME >
  2. キャンパスライフ >
  3. 卒業生インタビュー >
  4. 薬学部1

キャンパスライフ

キャンパスライフ
MENU

卒業生インタビュー

Profile

中外製薬株式会社 MR
薬学部 薬学科 2016年卒業

2010年、立命館大学薬学部入学。病院実習で治療に満足していない患者さんを目にしたことを機に、「最適な薬が届くよう、医師にとって薬物治療のパートナーであるMRとして仕事をしたい」という思いが芽生える。2016年、中外製薬株式会社入社。プライマリー製品(主にかかりつけ医で最初の治療として処方される薬剤)を担当。

一人ひとりの患者さんに最適な治療と薬を届けたい。
病院実習で芽生えた思いが、日々の私の原動力。

MRとして、医師をはじめとする様々な医療従事者に医薬品の情報提供を行っています。常に意識しているのは、必要としている人に必要なものを確実に届けること。そうした真摯な活動を通じて、顧客との信頼関係を築き、ともに患者さんの治療を考えています。大学時代は、薬剤師の国家資格取得に向けた日々の勉強とアルバイトの両立に力を入れました。その中で培ったタイムマネジメント能力は、様々な案件の優先順位を決め、効率よく並行して進める上で役立っています。夢は、患者さんの不安が大きいがん治療に貢献すること。がん専門MRはより深い専門性が求められます。実現に向けて、毎日文献を読み、“日々学ぶ姿勢”を鍛えています。

学びもアルバイトも積極的に。
タスクマネジメントを身につけた学生時代。

薬学部在学時は勉強とアルバイトとの両立に力を入れました。薬学部はほかの学部よりも受けるべき授業が多く、また国家試験の受験を控えていることから、日々の勉強の積み重ねが欠かせません。アルバイトにも積極的に取り組んでいたため多忙な生活でしたが、学びの中で次第に深まっていった薬学への興味も後押しとなり、その結果国家試験の模試などでは、上位の成績を残すことができました。またこの時の経験により身についたタスクマネジメント能力は、現在の仕事においても作業の効率化に大きく活かされています。

総合大学だからこそ得られる
さまざまな個性との出会いと刺激。

立命館大学の魅力は、総合大学だからこそ経験できることや得られることが多いことです。全国から集まる多くの学生に出会い、そのなかでさまざまな刺激を受けることができます。また、日々の勉強や就職活動についてしっかりとしたサポートが得られるのも、大きな大学だからこそなのではないかと感じています。

2019年度 薬学部パンフレットダウンロード

  • 大学案内・入試ガイド 資料請求
  • 薬学部Webサイト

関連するリンク

● 情報公開
● 大学院
● 留学プログラム
● 国際展開
● 研究、産学官連携
● 学生生活、就職