1. HOME >
  2. キャンパスライフ >
  3. 卒業生インタビュー >
  4. 薬学部2

キャンパスライフ

キャンパスライフ
MENU

卒業生インタビュー

Profile

滋賀医科大学医学部附属病院 薬剤部
薬学部 薬学科 2016年卒業

5回生の病院実務実習で病院薬剤師になることを決意し、2016年滋賀医科大学医学部附属病院へ入職。多くの人々と関わりながら取り組んだ卒業論文の制作など、研究室で得た学びとスキルを現在の職務に活かす。目指すのは、誠意ある業務を心がけ、患者さんや医療スタッフから信頼される薬剤師。

臨床現場で薬剤師に求められていることは何か。
チーム医療の一員として貢献したい。

病院薬剤師になることを意識したのは、大学在学時、5回生の病院実務実習です。入院患者さんの体調や投与された薬剤の効果、副作用の発現をリアルタイムで確認出来ることにその重要性を感じました。現在の私の仕事は、調剤室業務、化学療法室業務、病棟業務の3つ。担当している診療科ではがん化学療法を行う患者さんが多く、抗がん剤の投与量や投与速度、検査値、副作用予防内服の有無などのチェックを行っています。臨床現場で薬剤師に求められていることは何かを考え、薬剤師だからこそできる仕事でチーム医療に貢献したいと思っています。

多くの人と関わりながら新しい経験を積む
人として成長できた学生時代。

在学中の学びでは、4回生の後期から配属された研究室で過ごした期間が印象に残っています。研究室では、海外からの留学生と協力して研究を行ったり、英語の論文を他の学生や教授の前で発表したりと、新しい経験をたくさん積むことができました。なかなか期待通りの研究成果が出ず悩むこともありましたが、同期だけでなく先輩や後輩、教員と関わりながら卒業論文を仕上げるという初めてのプロジェクトに取り組む中で得たものは多く、人として成長できたと感じています。また、自分の求めている情報を得るために専門書籍や英語の論文を読み、他の人にもわかるようにプレゼンテーションする力は、研究室生活で得られたものであり、現在の職務に活かされていると感じています。

学生生活や進路選択も安心のきめ細やかな指導は
少人数で学べる環境の強み。

立命館大学の薬学部は1学年の人数が少ないため、学生同士、先生方との距離が近いことが大きな魅力のひとつだと思います。普段の学生生活や進路選択について、先生方のきめ細やかな指導を受けることができ、4回生のCBTや6回生の国家試験の受験時には、同じ環境にある学生が学年全体で互いに切磋琢磨し、励まし合いながら勉強に取り込むことができます。大学を卒業した今でも、立命館大学での学生生活を支えてくださった先生方と、6年間をともに過ごしたかけがいのない仲間には、感謝の気持ちでいっぱいです。

2019年度 薬学部パンフレットダウンロード

  • 大学案内・入試ガイド 資料請求
  • 薬学部Webサイト

関連するリンク

● 情報公開
● 大学院
● 留学プログラム
● 国際展開
● 研究、産学官連携
● 学生生活、就職