キャンパスライフ

立命館大学のグローバル人材育成

世界のために、仕事をしよう

— グローバル化する社会で「多文化協働」できる人材を育てる —

1980年代から国際化を見据え、立命館大学は早くからグローバル教育に取り組んできました。
その考え方、取り組みの一部がビジネス誌に掲載されました。

週刊東洋経済

+R NEXT Generation
2013年6月22日号 Vol.1 BusinessASPECT 「社会ニーズにマッチした人材育成と学究に未来志向で挑む立命館大学の今」
2013年6月29日号 Vol.2「旧来の枠を超えて革新の現場をつくる」
2013年7月6日号 Vol.3「たゆまぬチャレンジで最前線を切り開く」
2013年7月13日号 Vol.4「学生時代からの思いに真っすぐ、夢をカタチに」
2013年9月7日号 Vol.5「グローバル競争と協調の現場から」
2013年9月14日号 Vol.6「次世代へのメッセージ 異文化理解がグローバル化の原点」
2013年9月21日号 Vol.7「次世代へのメッセージ 新たな気づきが世界を広げる」
2013年9月28日号 Vol.8 BusinessASPECT
「社会・経済のグローバル化に応え新たな教学スタイルを探求する立命館大学の未来」
2014年1月11日号 Vol.9「企業が抱える実際のグローバル課題をチームで解決 PBL発表会レポート」
+R Global new leaders
2014年7月5日号 Vol.1 BusinessASPECT
「科学の叡智を探求し社会変革を発信する 立命館大学びわこ・くさつキャンパス」
2014年7月12日号 Vol.2 「しなやかに見定める次のステージ」
2014年7月19日号 Vol.3 「夢を追い 世界に飛び出すひたむきさ」
2014年9月27日号 Vol.4 「日本発の製品・サービスを世界に届ける」
2014年10月11日号 Vol.5 「今ここにあるグローバリズムの最前線で」
2014年10月18日号 Vol.6 「世界に出て知る日本の魅力をあらためて発信」
2014年10月25日号 Vol.7 「新たな国際化戦略に挑む立命館大学」

週刊ダイヤモンド

未来を切り拓く立命館の国際教育 R-DNA
2013年2月16日号 【立命館value①】View Point カセム教授はかく語りき
「グローバル人材、すなわち面白い人間である、と。」
2013年2月23日号 【立命館value②】「重層的な国際教育を通して“情勢を切り拓いていく人材”を育む」
2013年3月2日特大号 【立命館value③】長期留学支援プログラム「“グローバル人材になっていく”4年間がここにある」
2013年3月9日特大号 【立命館value④】薮中三十二教授インタビュー:霞ヶ関から教壇へ「『自分の意見を発信する力』を徹底的に鍛えていく」
2013年4月27日・5月4日合併号 【立命館value⑤】View Point 「『多様性』と『機会』を提供しグローバルな舞台で活躍できる『知的現場力』を養う」
2013年5月11日号 【立命館value⑥】寺島実郎客員教授インタビュー:「キャンパスアジア・プログラム」が目指すもの
「東アジアの次世代リーダーは『知力』『体力』プラス『胆力』が必要である」
2013年5月18日特大号 【立命館value⑦】精彩を放つ卒業生たち
「アメリカンフットボールを通して培われた世界で通用する人間力」
2013年5月25日特大号 【立命館value⑧】精彩を放つ卒業生たち
「身体表現を通しパフォーマンスで世界とつながる」
2013年7月20日号 【立命館value⑨】「グローバル時代にこそ必要とされる法学部の人材教育」
2013年7月27日号 【立命館value⑩】「国際社会と地域発展に尽力 大学が担うさまざまな国際貢献」
2013年8月10日・17日合併号 【立命館value⑪】REPORT:「グローバル・シミュレーション・ゲーミング」
「国際関係を体感するリアルなゲーミングを通じて多角的な思考力を養う」
2013年8月24日号 【立命館value⑫】View Point 先駆的な国際教育に取り組む立命館総長は語る
「グローバル化は人類が発展していく道筋である、と。」
立命館プリンシプル【R-DNA plus】
2014年7月19日号 【第1回 View Point2014】情報理工学部のグローバルIT人材像
「研究室での公用語は英語。私の話が理解できますか?」
2014年7月26日号 【第2回】コーヒーの空き缶は、容器か玩具か!?
「新しい経営学の視点、“デザイン科学”の挑戦」
2014年8月2日号 【第3回】世界に挑戦するコンテンツメーカーたち
「映像コンテンツの世界展開をビジネスという視点から捉える」
2014年8月9・16合併号 【第4回】たかが『里山』されど『里山』。
「多文化協働の現場を通して、世界の平和や福祉を考える」
2014年9月6日号 【第5回】付属高校2校がSGH指定校に
「高校のグローバル教育が、大学進学の在り方を変える」
2014年9月13日号 【第6回】西園寺塾
アジア的知性を持った、新たな価値創造を担うリーダーを育成する
2014年9月20日号 【第7回】スポーツ文化の振興に向け、Jリーグの実践と大学の知がコラボレーション
2014年9月27日号 【第8回】「総合心理学部」創設を構想
人間の心と行動を探求。心理学の時代

プレジデント

立命館大学のグローバル人材育成の最前線
2013年6月17日号 【第一回】国内外で多彩に活躍できる世界水準のトレーナーを
2013年7月1日号 【第二回】開国的マインドを培ってグローバル・エンジニアに
2013年9月2日号 【第三回】海外での出会いと経験が自己改革や成長を促す
2013年9月16日号 【第四回】アブダビ首長国の高校生に日本語教育を行う理由

日経ビジネス

大学における人材育成の最前線
2013年1月14日号 【連載1】グローバル時代と対峙する
2013年1月21日号 【連載2】協働するアジアの教育機関―人文学が担う他文化理解の可能性―
2013年1月28日号 【連載3】協働するアジアの教育機関―グローバルな技術者の育成に挑む―
2013年2月4日号 【連載4】国際的な経営感覚を持つスペシャリストの育成