1. HOME >
  2. AO入試体験談 >
  3. 経営学部 >
  4. 英語重視方式

AO入試体験談

AO入試体験談
MENU

経営学部 英語重視方式で合格

経営学部 国際経営学科 1回生 Mさん
(2017年度取材当時)

Q
立命館大学およびご所属の学部を志望された理由やきっかけを教えてください。
A
以前より貿易に関心があり、将来は貿易商社に就職、もしくは起業したいと考えていたので、国際経営学科を目指すようになりました。そこで、語学教育に力を入れており、留学制度も豊富である立命館大学国際経営学科で、外国語や企業や貿易をするにあたって必要な知識を学びたいと思い志望しました。
Q
AO入試を受験しようとされた理由を教えてください。
A
自分が得意とする英語で評価してもらえるとともに、学校外での課外活動や留学など自分が経験したことをアピールできる入試だったので、受験しようと思いました。
Q
受験対策として取り組んだことや、アピールした点を教えてください。
A
面接の対策として、高校の先生と何度も練習し、質問されそうなことを予想し、自分が一番伝えたい形で伝えることができるように練習しました。英語の面接も英語の先生と何度も練習しました。志望理由と将来の夢を考え、日本語でも英語でも自分の言葉で話せるように意識しました。
Q
これから、どのような学びや学生生活に取り組もうとされていますか。また、今後の目標や夢などがあれば教えてください。
A
得意の英語だけではなく、新たな外国語を学びながら、経営学の勉強を頑張りたいと思います。また、勉学に励むとともにサークルやクラブに入り、人間関係を構築し、充実した大学生活を送っていきたいです。
Q
今後、AO入試をめざす受験生にアドバイスなどメッセージを寄せてください。
A
AO入試を受けるなら、志望理由や将来の夢を明確に持つことが重要であると思います。それとともに自分の経験を振り返るべきだと感じました。入試に100%備えることは難しいですが、自信を持って入試に挑んでください。みなさんと同じ場所で学習できることを楽しみにしています。

経営学部 国際経営学科 1回生 Hさん
(2017年度取材当時)

Q
立命館大学およびご所属の学部を志望された理由やきっかけを教えてください。
A
私がこの学部を受験しようと思った理由は、かねてよりアジアでのビジネスに興味を持っていたことから経営学部のアドミッション・ポリシーに惹かれたこと、また国際経営学科では英語と第二言語、経営学について同時に学ぶことができるので自分に適していると思い、志望しました。
Q
AO入試を受験しようとされた理由を教えてください。
A
私は高校二年生の夏から一年間アメリカのニューヨーク州に留学をしていたので、一般入試の対策をする時間がなかったということと、留学で身につけた英語力を自分の強みにして大学を受験したかったので、AO入試を受験しようと思いました。
Q
受験対策として取り組んだことや、アピールした点を教えてください。
A
留学した際の経験や、今まで独学で勉強してきた自分が将来行いたいと考えているアジアでのビジネスについてアピールしました。受験対策として、志望理由書の基本的な書き方や、苦手としていた面接での受け答えの方法などを学ぶために予備校に通っていました。
Q
これから、どのような学びや学生生活に取り組もうとされていますか。また、今後の目標や夢などがあれば教えてください。
A
今後は経営学の知識や語学力の向上だけでなく、学生同士や先生方との交流を通して人々との交流を深め、コミュニケーション能力を身につけていきたいと考えています。また、将来的に私は貿易商社を起業したいと考えています。
Q
今後、AO入試をめざす受験生にアドバイスなどメッセージを寄せてください。
A
受験生の方には何か一つ、自分の強みとなるもの、または目標を持ってもらいたいと思います。 高校生の時点でそれを明確にするのはとても難しいと思いますが、自分が本当にやりたいことや、信念を持っていれば自信を持って受験に挑むことができると思います。 頑張ってください!

経営学部 国際経営学科 1回生 Iさん
(2016年度取材当時)

Q
立命館大学およびご所属の学部を志望した理由やきっかけを教えてください。
A
将来、英語を活かして海外と日本を繋ぐような職に就きたいと思っていたので、国際経営学科を志すようになりました。その中で、スーパーグローバル大学であり、語学教育にも力を入れており、留学の制度も豊富である立命館大学の国際経営学科で、英語や経営学を学んでいきたいと思い志望しました。
Q
AO入試を受験した理由を教えてください。
A
自分の強みであった英語運用能力、コミュニケーション能力を見たうえで評価してもらえることや、学校外での課外活動等これまでに私が取り組んできていたこともアピールできる入試だったからです。自分の強みを活かしつつ、志望理由や大学で学びたいこと、将来についての想いを伝えたいと思ったからです。
Q
受験対策として取り組んだことや、アピールした点を教えてください。
A
面接対策として高校の先生とたくさん話し、自分の想いが一番伝わるような言葉を常に選べるよう意識しました。質問の意図を正確に捉えられるようによく聞き、志望理由などの内容をしっかり頭に入れつ全ての質問を自分の言葉で話せるよう心がけました。また印象を良くするために表情も意識しました。英語での質問対策では、英語の先生にも付き合ってもらい、志望理由や将来の夢について、具体的な細かい質問をしてもらうことで、英語面接に少しでも慣れることができるようにしました。英語運用能力に加え、部活動での経験や、幼い頃から続けてきたガールスカウトの経験を基に、立命館大学に入学したいという想いや入学後に学びたいことをアピールしました。
Q
これから、どのような学びや学生生活に取り組もうと考えていますか。
また、今後の目標や夢などがあれば教えてください。
A
立命館大学では、学生同士の学びに対する向上心が高く、日々周りから刺激を受けています。この恵まれた環境下でさらに語学運用能力を高めながら、私自身も大きな存在となりたいです。また、長期留学にも挑戦し、将来は視野の広い国際性豊かな人材となりたいです。
Q
今後、AO入試をめざす受験生にアドバイスなどメッセージを寄せてください。
A
AO入試に取り組んでいた時、これまでの自分の経験についてきちんと振り返るべきだと感じました。今まで自分が何を学び得てきたか、そのことでの自分の強み・弱みは何か。自分にしかない経験こそが他人との違いをアピールできる点になるので、それらを大事に大学側へ気持ちを伝えるといいと思います。100%の準備を整えることは難しいですが、自分を見つめ直し、自信を持って挑んでください。みなさんとともに学べる日が来るのを心待ちにしています。

経営学部 国際経営学科 1回生 Mさん
(2016年度取材当時)

Q
立命館大学およびご所属の学部を志望した理由やきっかけを教えてください。
A
憧れていた親戚が在学していた大学、学部、学科だったことがきっかけで、興味を持ち始めました。また、幼い頃から英語が好きでしたが英語を学ぶだけでは物足らず、英語プラス何かを学びたいと考えるようになり、国際経営を学びたいと考えるようになりました。
Q
AO入試を受験した理由を教えてください。
A
この大学に絶対入りたいと考えていたので、可能性を広げるためにも受験しようと考えました。入試要項を調べ、作文のテーマを見たときに書きたい事が次々と思い浮かび、より強く受験したいと考えるようになりました。
Q
受験対策として取り組んだことや、アピールした点を教えてください。
A
留学などの海外経験がなく、英語のスピーキングが他の人よりも劣っていると考えていたので、入試前は毎日ALT(外国語指導助手)のところへ行っていました。また面接に慣れるために積極的に多くの先生方を訪ね、指導していただきました。試験では、大学に入ってからや、また将来何を頑張りたいかを明確に伝えることと、元気よく笑顔で話すことを心がけました。
Q
これから、どのような学びや学生生活に取り組もうと考えていますか。
また、今後の目標や夢などがあれば教えてください。
A
得意の英語の力を伸ばす一方で、まだ知識の浅い経営学の勉強を必死で頑張っていきたいと考えています。また、サークルやその他の活動を通して多くの人との関わりを持ち、充実した大学生活を送っていきたいと考えています。将来は空港でグランドスタッフとして活躍したいです。
Q
今後、AO入試をめざす受験生にアドバイスなどメッセージを寄せてください。
A
私は、AO入試を受けるなら、志望理由や夢を明確に持つことが一番大切だと思います。AO入試の勉強に力を入れる一方で、一般入試に向けた勉強を怠らないことも大切です。面接試験の経験がない方も多いと思いますが、私は新しいことに挑戦したことで大きく成長できたと感じています。みなさんと同じ場所で学習できるのを楽しみにしています。応援しています!