1. HOME >
  2. AO入試体験談 >
  3. 経済学部 >
  4. 英語重視方式

AO入試体験談

AO入試体験談
MENU

経済学部 英語重視方式で合格

経済学部 経済学科 国際専攻 1回生 Tさん
(2017年度取材当時)

Q
立命館大学およびご所属の学部を志望された理由やきっかけを教えてください。
A
高校では英語コースに通っており、英語を使って他の科目を学びたいと考えていました。立命館大学経済学部では経済も英語も両方学べ、将来海外で働くためのスキルを身につけることができると知り、志望しました。
Q
AO入試を受験しようとされた理由を教えてください。
A
留学していたこともあったので、英語には自信がありました。加えて、ボランティア活動などもしていたので、これらの活動を自分の長所として活かしたいと思ったからです。
Q
受験対策として取り組んだことや、アピールした点を教えてください。
A
わかりやすいレポートを書く練習や、日本語での面接、英語での面接の練習をたくさん行いました。面接では、英語が得意な点や自分が今までしてきた経験をアピールしました。
Q
これから、どのような学びや学生生活に取り組もうとされていますか。また、今後の目標や夢などがあれば教えてください。
A
将来自分の店を持ち、輸入した物を店で売ったりしたいと思っています。もしできるなら、海外に店を出して日本の物も売りたいと考えています。学校生活では、今後自分の為になるように勉強に必死に取り組み、もっと知識を増やしていきたいです。
Q
今後、AO入試をめざす受験生にアドバイスなどメッセージを寄せてください。
A
AO入試は、高校生活での経験を武器にして受験できます。今やらなければならない勉強をした上で、少しでも興味あることには積極的に参加し、経験を増やしていってください!