1. HOME >
  2. AO入試体験談 >
  3. 情報理工学部 >
  4. 総合評価方式

AO入試体験談

AO入試体験談
MENU

情報理工学部 総合評価方式で合格

情報理工学部 情報理工学科 1回生 Iさん
(2017年度取材当時)

Q
立命館大学およびご所属の学部を志望された理由やきっかけを教えてください。
A
私は、中学生の時に読んだ、ゲームを題材にした小説に強い影響を受けました。その小説に登場するゲームは今ある技術では実現できないようなもので、自分でそのゲームを開発したいと思ったことから、コンピューター関連の学部へ進学したいと強く思うようになりました。ゲーム開発の中でも特にゲームAIに興味を持っていたので、志望校選びをしているときにAIのゲームへの応用を研究されている先生を見つけ、すぐに立命館大学情報理工学部に決めました。
Q
AO入試を受験しようとされた理由を教えてください。
A
「大学ではコンピューターを学びたい」と思い始めた中学生のころから、ITパスポート試験や情報検定などの資格の参考書を使い、勉強していました。高校に入り、プログラムの勉強もしたいと思うようになり、それであれば自分の技術力を評価してもらえるAO入試を受けようと思ったのがきっかけです。
Q
受験対策として取り組んだことや、アピールした点を教えてください。
A
口頭試問の対策として、プログラミングの復習だけでなくアルゴリズムを勉強し、フローチャートが書けるようにしていました。小論文の対策は、インターネットで毎日ITニュースを調べて読み、まとめていました。それだけでなく、あいちゃれに自作のソフトウェアを提出しました。また、高校の部活動では部長を努め、部の代表で海外遠征に行ったことや、どれだけ知能エンタテインメント研究室に入りたいかをアピールしました。
Q
これから、どのような学びや学生生活に取り組もうとされていますか。また、今後の目標や夢などがあれば教えてください。
A
かなり周りの人と学力の差があるため、数学や英語の科目の勉強を頑張りながら、専門科目では一番を目指して努力していきたいです。そして、1回生の間に基本情報技術者試験に合格したり、様々なコンテストに自分の作品を応募したりする中で、技術力を付けていきたいです。将来は、技術者になり、AIだけでなくBMIの技術開発をしたいと思っています。
Q
今後、AO入試をめざす受験生にアドバイスなどメッセージを寄せてください。
A
あいちゃれには必ず応募するべきだと思います。そこでAO入試一部免除者の認定を受ければ、自作ソフトウェアの得点が満点になり、かなり合格に近づくと思います。また、オープンキャンパスなどでの研究室の見学もおすすめします。自分が学びたい分野への興味が深まるだけでなく、面接時に話すネタにもなります。合格したいという強い思いがあれば、合格できると思うので頑張ってください。

情報理工学部 1回生 Kさん
(2016年度取材当時)

Q
立命館大学およびご所属の学部を志望した理由やきっかけを教えてください。
A
プログラミングを学んでいたことから、プログラミングについて深く学びたいと考えていました。その時に立命館大学のウェブサイトで各学科の研究を見て、情報コミュニケーション学科の研究に興味を持ったことがきっかけです。
Q
AO入試を受験した理由を教えてください。
A
高校でプログラミングの技術を学んでいる中で、自分のプログラミング技術に自信がありませんでした。そんな時にこのAO入試があることを知り、自分のプログラミング技術を評価してもらえることに興味をもったことと、受験の機会を最大限に活かしたいと考えたことから受験することにしました。
Q
受験対策として取り組んだことや、アピールした点を教えてください。
A
プログラミングの基本をしっかりと復習したうえで、応用もしっかり復習しました。さらに、最近のIT関連の技術について調べたりしました。中身までしっかり理解しておくことをおすすめします。
Q
これから、どのような学びや学生生活に取り組もうと考えていますか。
また、今後の目標や夢などがあれば教えてください。
A
基本情報技術者試験に合格したいと考えています。そのために講義をしっかり聞き、プログラミングの技術を高めていきたいです。
Q
今後、AO入試をめざす受験生にアドバイスなどメッセージを寄せてください。
A
面接や小論文は練習しておきましょう。試験当日は緊張して思うようにできなくなります。落ちついて自分の力を発揮できるよう、頑張ってください。