1. HOME >
  2. AO入試体験談 >
  3. 情報理工学部 >
  4. グローバル・ICTリーダー方式

AO入試体験談

AO入試体験談
MENU

情報理工学部 グローバル・ICTリーダー方式で合格

情報理工学部 情報理工学科 情報システムグローバルコース 1回生 Oさん
(2017年度取材当時)

Q
立命館大学およびご所属の学部を志望された理由やきっかけを教えてください。
A
もともと情報分野に興味がありましたが、ありきたりの大学生活を送りたくないと思い、海外への進学も考えていました。情報分野に特化した学部を持つ大学は少ない中で、立命館大学の情報理工学部は国際化に力を入れていると知り、ここなら日本に住みながら海外の大学と同じ環境で学習できると考えたからです。
Q
AO入試を受験しようとされた理由を教えてください。
A
高校では課題研究と国際活動に力を入れており、海外に行く機会も多くありました。AO入試を利用することで、ギリギリまで国際活動や研究発表に時間を使い有意義な高校生活が送れると考えました。実際に、AO入試受験日にもホームステイの引き受けをしており、貴重な経験を増やすことができました。
Q
受験対策として取り組んだことや、アピールした点を教えてください。
A
試験内容がエッセイと英語面接でしたので、高校生活の中で「今何をしていて、これから何をしたいか」と自分を見つめ直す時間を多く作りました。また常に目標を持ち、自ら行動することで受験への自信が得られたと思います。面接では、サイエンスフェアに参加した中で培った英語のスピーキング力や私のこれまでの経験、変化をアピールしました。
Q
これから、どのような学びや学生生活に取り組もうとされていますか。また、今後の目標や夢などがあれば教えてください。
A
高校在籍時よりもさらに自ら動くことを目標にしています。国際活動の企画、運営や留学生のサポートをする団体に入ることを決めました。また、大学生活の学びで得た知識と創造力を活かしたアイディアをプレゼンテーションを通じ社会に広めていく活動をしたいと考えており、現在、新団体の設立と大会出場に向けて動いています。
Q
今後、AO入試をめざす受験生にアドバイスなどメッセージを寄せてください。
A
大学生活に向けて、自分のモチベーションをどこまで上げていけるかが大切だと思います。なるべく早く、やる気と積極性を持って新しいことに挑戦していってください。その経験は、受験の強みになるだけでなく大学での行動力ともなり、将来の可能性を広げます。