1. HOME >
  2. キャンパスライフ >
  3. 卒業生インタビュー >
  4. 生命科学部・生命科学研究科5

キャンパスライフ

キャンパスライフ
MENU

卒業生インタビュー

Profile

トヨタ自動車株式会社 FC 製品開発部
生命科学研究科 応用化学コース 2016年修了
生命科学部 2014年卒業

2010年、生命科学部応用化学科に入学。在学中は春期休暇を利用して、アメリカ・ハワイ大学に語学留学。2014年、生命科学研究科に進学。2015年7月~9月、イタリア、ミラノ大学に研究留学。2016年、世界中の人々が安心で豊かに暮らすことのできる社会を実現したいと考え、トヨタ自動車株式会社に入社。

環境問題は避けられない課題。
世界中の人々が安全で豊かに暮らせる社会へ。

海外留学の経験から、世界中の人々が安全で豊かに暮らすことのできる社会を実現したいと考え、高い品質を追い求める企業姿勢に惹かれて入社しました。現在は燃料電池の設計に取り組んでいます。燃料電池を搭載している燃料電池車は、二酸化炭素等のガスを排出せずに水のみが排出されることから究極のエコカーと呼ばれています。環境問題は避けられない課題。高品質で環境負荷の低い車を世界に普及させることが今の目標です。

自ら交渉してミラノ大学への研究留学を実現。
困難を乗り越える粘り強さとチャレンジ精神を学んだ。

世界を舞台に活躍できる技術者になることが目標だったので、大学では英語での討論や発表、留学を通して語学力を磨きました。それを活かして大学院進学後、国内ではあまり行われていなかった自分の研究に関する新たな知見を求め、イタリア・ミラノ大学の先生に直接指導を受けたいと自ら交渉し、研究留学を実現しました。この経験から、研究に関する知識だけでなく、粘り強く取り組めば困難な状況を乗り越えられるという自信を得ることができました。

多様性の中で学び、成長できる。

立命館大学には、多様な価値観や経験を持った先生方や全国から集まる学生、海外からの留学生がたくさんいます。考え方の異なる人と交わることで、ダイバーシティを学ぶことができました。また、友人や先生から受けた刺激が原動力となり、多くのことにチャレンジすることができました。立命館大学には海外留学や就職支援等、チャレンジする学生支えてくれる豊富な制度が整っています。立命館大学ならではの豊富な制度を利用して個性を伸ばしていくことができると思います。

2020年度 生命科学部パンフレットダウンロード

  • 大学案内・入試ガイド 資料請求
  • 生命科学部Webサイト

関連するリンク

● 情報公開
● 大学院
● 留学プログラム
● 国際展開
● 研究、産学官連携
● 学生生活、就職