1. HOME >
  2. キャンパスライフ >
  3. 卒業生インタビュー >
  4. 理工学部・理工学研究科5

キャンパスライフ

キャンパスライフ
MENU

卒業生インタビュー

Profile

大成建設株式会社 中国支店 静間仁摩道路五十猛トンネル作業所
理工学研究科 創造理工学専攻 先端融合科学 歴史都市防災 2009 年修了 
理工学部 2007年卒業

2003年、理工学部環境システム工学科に入学。2007年、理工学研究科創造理工学専攻に進学。2009年、立命館と同じ自由闊達な社風にひかれ、大成建設株式会社に入社。現在はトンネル工事の施工管理を担当。品質の良いものを安全に早く造る施工方法を計画し、工事を進めている。

モノづくりで人々の生活を支えたい。

大学時代、研究室では、橋梁の耐震に関して解析する研究を行いました。実際の橋梁を見学し、雄大さや社会インフラの役割の大きさを目の当たりしたことが、現在の仕事を選ぶ一つのきっかけに。人々の生活を支えるモノづくりができる仕事がしたいと思い、ゼネコン(総合建設業)を志望しました。数あるゼネコンの中で当社を選んだのは、立命館と同じく、自由闊達な社風に惹かれたためです。今の目標は、現場の所長になること。技術者として必要な資格の取得だけでなく、マネジメント力、判断力、コミュニケーション力などを身につけ、成長していきたいと考えています。

世の中に一つしかないものをつくる仕事に自ら問題を発見、解決する力が活かされている。

当社が手がけるのは、世の中に1つしかないものをつくる仕事。事前にどのような問題が起こるかを考え、対処しなければなりません。研究室で鍛えた、自ら課題や問題を発見、解決する力が活かされていると感じます。

建学の精神を今に受け継ぐ大学。

立命館の建学の精神は「自由と清新」です。その言葉通り、学生の自主性を大事にするところが最大の魅力だと思います。

2020年度 理工学部パンフレット(理工の力)ダウンロード

  • 大学案内・入試ガイド 資料請求
  • 理工学部Webサイト

関連するリンク

● 情報公開
● 大学院
● 留学プログラム
● 国際展開
● 研究、産学官連携
● 学生生活、就職