1. HOME >
  2. キャンパスライフ >
  3. 卒業生インタビュー >
  4. 政策科学部5

キャンパスライフ

キャンパスライフ
MENU

卒業生インタビュー

Profile

三菱商事株式会社 総合素材グループ 鉄鋼製品本部 メタルワン事業部
政策科学部 2018年卒業

2014年、政策科学部入学。課外活動で体育会男子サッカー部に所属し、日本一を目指した。2、3回生の時にカンボジアなどの途上国を訪問。そこで抱いた「長期的・持続的に成長を促すことのできる企業に勤めたい」という思いに後押しされ、総合商社を志望。2018年、三菱商事株式会社へ入社。

「鉄」のスペシャリストとしてビジネスで世界の人々に貢献したい。

三菱商事に興味を持ったきっかけは、政策科学部で幅広い分野を学ぶ中で、ビジネスを通じて社会課題を解決したいと思ったことでした。中でも生活の基盤となるインフラ開発を通じて国の発展に携わる当社の事業に魅力を感じました。現在は、鉄鋼に係る新規事業開発の担当として、国内外の市場調査、事業機会の検討を行っています。今後、さらに鉄に関する知識を深め、グローバルなフィールドで多くの人々に寄与できるビジネスをリードしたいと考えています。

「現場」を見て学びを深める経験が現在も知識醸成の基盤に。

現在の仕事に活きていることは、大学時代、「現場」を見て学びを深めた経験です。例えば大学の講義で法律を学んだ際には裁判所の傍聴席へ足を運び、環境問題を学んだ後にはごみ処理施設を見学するなど、授業で取り扱われた分野の「現場」を訪問するよう努めました。実際の現場を見ることで、学んだことをより具体的に理解したり、新たな発見があったりと、より深い学びに繋がると感じたからです。入社後も、得た情報を徹底的に「現場」で掘り下げることが、鉄鋼に係る知識の醸成につながっていると日々実感しています。

魅力的な仲間と出会える場。

大学時代の友人はユーモラスで魅力的な人が多く、多くの時間を共有したいと思う人ばかりでした。その多くが志を高く保ち、情熱的に夢に向かう姿が印象的で、仲間との関わりの中で相乗効果を生み出せたと感じています。また、大学のカリキュラムや支援体制が豊富で、自分の取り組み次第で叶わない夢はないのではないかと感じています。

2020年度 政策科学部パンフレットダウンロード

  • 大学案内・入試ガイド 資料請求
  • 政策科学部Webサイト

関連するリンク

● 情報公開
● 大学院
● 留学プログラム
● 国際展開
● 研究、産学官連携
● 学生生活、就職