1. HOME >
  2. キャンパスライフ >
  3. キャンパス・学部紹介 >
  4. 国際関係学部

キャンパスライフ

キャンパスライフ
MENU

キャンパス・学部紹介

衣笠キャンパス

国際関係学部

国際関係学科国際関係学専攻/グローバル・スタディーズ専攻
アメリカン大学・立命館大学国際連携学科

国際関係学部の学部棟(恒心館)

多文化が融合する空間で成長し、
グローバルな視野で問題解決に挑む

国際関係学部は西日本初の国際系学部として1988年に設立され、30周年を迎えました。国際社会で起こる戦争や貧困問題、民族間対立などを、政治や経済の分野に留まらず、社会学、文化人類学、歴史学など、多角的に捉える視点を養います。この複眼的な視点は国際関係学部特有の学術的アプローチで物事の表面だけではなく、背後に潜む社会のひずみや一見無関係に思われる別の物事との関連性を浮き彫りにするなど、物事をより客観的にかつ本質的に深く理解する手助けをします。学問分野を越えて物事を考察し、文化・宗教、既存の価値観(常識)を越えて、自分の価値観を再構築する。国際関係学部での学びは、国内外で活躍し様々な局面を自分の力で打開できるようになりたいと望む人が、更に成長するための重要な一歩となるはずです。

学科紹介
■ 国際関係学科

国際問題を解決に導く人材を育てる多彩なプログラム
2つの専攻の科目を幅広く選択できるクロス履修システムを採用

多文化が融合する空間で学び、国際的な感覚と知性を磨き、世界が求めるグローバルな見識と行動力を養います。現代の国際社会が抱える問題を多面的に探究し、既成概念に捉われずに自分の頭で考え、問題解決に挑みます。
主に日本語で学ぶ国際関係学専攻と英語で学ぶグローバル・スタディーズ専攻。
多くの科目で、同じ内容の講義を日本語と英語の両言語で開講。クロス履修システムを活用することで、国際関係学専攻の学生は関心ある科目を英語で学ぶことができ、グローバル・スタディーズ専攻の学生は日本語による科目を学ぶことができます。

国際関係学専攻

現代の国際社会が抱える問題を探究しグローバルに活躍できる力を蓄える。

主として日本語で学びます。2回生からは個々の興味に応じて4つのプログラムに分かれます。政治や安全保障を中心とする「国際秩序平和」、経済や開発を学ぶ「国際協力開発」、文化の関わり等を学ぶ「国際文化理解」、そして、国連職員や公務員を目指す「国際公務」です。専門領域に別れる事で軸となる分野を意識し、深く探究する姿勢を作ります。

グローバル・スタディーズ専攻

世界から集う留学生とともに英語で学び日本と世界との架け橋を目指す。

主として英語で学びます。日本にいながらにして英語圏の大学と同様の環境で4年間を過ごします。 多くの留学生と切磋琢磨しながら、高度な英語運用能力が養えるほか、多様な文化や価値観に触れることで真の国際コミュニケーションや文化理解の機会を持つ事ができます。加えて、日本語講義を受講することで、日本社会で仕事をするために必要となる高度な日本語の習得も可能です。帰国子女など英語は得意だけれど日本語ももう少し頑張りたいという方にもオススメです。

■ アメリカン大学・立命館大学国際連携学科(2018年4月開設)

アメリカン大学・立命館大学国際連携学科は、立命館大学国際関係学部とアメリカン大学School of International Serviceが連携して1つの教育課程を編成し、両大学が連名で1つの学位<学士(グローバル国際関係学)>を授与する、学士課程レベルとしては我が国初となる、新しい学科です。この学科では、立命館大学とアメリカン大学の双方から学生を受け入れます。
グローバル・比較ガバナンス、アイデンティティ・民族・ジェンダー・文化、平和・国際安全保障・紛争解決などの国際関係学にかかわる各専門分野において、両大学の教員による一貫性のある指導のもと、4年間を通じて両大学のキャンパスを行き来しながら、日米の学生がともに学びます。
それぞれの大学の強みを活かした授業科目や両大学が共同で開設する授業科目が1つのカリキュラムの中で提供されるため、通常の海外留学に比べて、より体系的かつ効率的に履修を進めることができます。

アメリカン大学(American University)School of International Service:

1955年創立。国際関係学のスクールとしては全米で最大規模を誇る(学部生約1,600名、大学院生約800名が在籍)。ワシントンD.C.のキャンパスには、世界150以上の国・地域から留学生が集う。“Foreign Policy Magazine (2014)”の“The Top 25 IR Programs for Undergraduates, Master’s, and Ph.D.s”では、学部で全米9位、大学院(修士課程)で同8位にランキングされている。

関連する進路・資格・教員免許など
学科・専攻等 関連する進路・資格など
国際関係学科
国際関係学専攻/グローバル・スタディーズ専攻
国家公務員・外務省専門職・国際機関職員・地方公務員 など
就職状況

開設30年をむかえ、世界の第一線で7,500名以上の卒業生が活躍。

世界に広がるネットワークを活かして、国際的な機関やメーカーなど企業の国際業務セクションに多く採用されています。
世界の有力大学院にも多数進学しています(オックスフォード大学、東京大学、京都大学など)。

  • ◎円グラフの数値は小数点以下第二位を四捨五入により算出

2019年度 国際関係学部パンフレットダウンロード

  • 大学案内・入試ガイド 資料請求
  • 国際関係学部のWebサイトはこちら

関連するリンク

● 情報公開
● 大学院
● 留学プログラム
● 国際展開
● 研究、産学官連携
● 学生生活、就職