MENU

学部を知る

学部を知る

映像学部

「アート」「ビジネス」「テクノロジー」の側面から映像にアプローチし、映像に関する「理論」と「実践」を繰り返し学びます。映像を用いた社会課題の解決や、その基盤となる多様な文化的価値創造など、「映画芸術」「ゲーム・エンターテインメント」「クリエイティブ・テクノロジー」「映像マネジメント」「社会映像」といった5つの学びのゾーンを軸に、多様な映像分野を開拓し、映像を通じて広く人類と社会に貢献していく人間を育成します。

  • 学部紹介

    学部紹介

  • AO選抜入学試験説明

    AO選抜入学試験説明

  • 施設紹介(充光館・立命館松竹スタジオ)

    施設紹介
    (充光館・立命館松竹スタジオ)

  • 藍色に燃えている食卓(立命館大学 映像学部 2019年度 学生作品)

    藍色に燃えている食卓
    (立命館大学 映像学部 2019年度 学生作品)

    『藍色に燃えている食卓』は2019年度の「立命館映像展」で上映された作品です。
    【制作】
    監督・脚本・編集:朝海清史 照明・整音:趙娜 プロデューサー:山田桜
    【作品概要】
    愛し、愛される事を求める女子高生、理央。自分を理解されにくい生き様に辛さを感じるゲイの兄、雄志。愛人を持つサラリーマンの父、昌弘。家族愛に疑問を持つ母、恵子。バラバラの四人にとって家族とは、家族愛とは何なのか。

  • 民具が語る久多の暮らしと文化(立命館大学 映像学部 2020年度 学生作品)

    民具が語る久多の暮らしと文化
    (立命館大学 映像学部 2020年度 学生作品)

    「民具が語る久多の暮らしと文化」は立命館大学映像学部の2020年度の学生作品です。
    【制作】
    立命館大学 映像学部 映像人類学ゼミ 岩本 晃一 佐藤 優
    【協力】
    京都市左京区役所 左京区 久多自治振興会

  • 久多川守り人(立命館大学 映像学部 2020年度 学生作品)

    久多川守り人
    (立命館大学 映像学部 2020年度 学生作品)

    「久多川守り人」は立命館大学映像学部の2020年度の学生作品です。
    【製作】
    立命館大学 映像学部 映像人類学ゼミ 石橋 涼夏 木村 智子
    【協力】
    久多自治振興会 久多漁協協同組合

  • 久多を紡ぐ( 立命館大学 映像学部 2020年度 学生作品)

    久多を紡ぐ
    ( 立命館大学 映像学部 2020年度 学生作品)

    「久多を紡ぐ」は立命館大学映像学部の2020年度の学生作品です。
    【撮影・編集】
    立命館大学 映像学部 映像人類学ゼミ 合田 みのり 中濱 有里 山田 花織
    【協力】
    久多自治振興会 京都市左京区役所